2012年04月27日

一方通行「ホグワーツ魔法・魔術学校……ふざけてンのか!!」2-1

1 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/19(月) 10:45:10.82 ID:8ttAXCdN0
グリフィンドール寮 談話室

一方通行「あァ〜……」ゲホゲホ

上条「どうしましたアクセラレータ・ポッターさん。あ、さっきまで愛穂・黄泉川・ハグリットのところでお茶しつつツッコミ入れてたせいで、喉でもかれたのか?」

一方通行「なンで唐突にフルネームだよ……当麻・上条・ポッター」

上条「黄泉川さん良い人だったろ?またお茶しに行こうぜ。な、二人とも」

禁書目録「もちろんなんだよ!魔法生物の貴重な資料がたくさん見られたし、味はいまいちだったけどたくさんお菓子も出たし!また行こうね、みこと!美琴・御坂・ウィーズリー」エヘヘー

御坂「そうねー、桔梗・芳川・ダンブルドア校長まで来た時はびっくりだったけどいい時間を過ごせたわよね、インデックス。インデックス・グレンジャー」クスッ

一方通行「だからお前らもなンでフルネームなのかって……まァいい、この学校、ってかこの魔法界で一々そういうのに構ってたら喉かれっぱなしだ」

百合子「キュイッ、キュキュッ」ピョンピョン

一方通行「ふくろうの百合子もそう言ってるしな」

上条「お前も大概説明的な台詞ですよね」

一方通行「黙れ。っとォ……」カキカキ

御坂「あれ?なによあんた、日記なんて書くんだ?」

一方通行「あァ?まァな……毎日書いてるわけじゃねェンだが、気が向いた時に一気に書くようにしてンだよ」

上条「あれですか、赤裸々に書き綴っちゃう感じの……」

一方通行「だから黙れ……書き出しは、っと」カキカキ





一方通行「ホグワーツ一年目」カキカキ

禁書目録「その2、だね!」ヒョコッ

一方通行「覗いてンな」

2 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/19(月) 10:47:20.08 ID:8ttAXCdN0
みなさまどうもです

前スレ
一方通行「ホグワーツ魔法・魔術学校……ふざけてンのか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1315139523/

一方通行「ホグワーツ魔法・魔術学校……ふざけてンのか」1


今回のスレタイは前スレ最後にて多くご提案していただきました『!』を増やしていく方式、>>1には前スレ>>1000の提案を採用させていただきました

ハリポタ世界の物語が禁書キャラに置き換えられて進んでいくこの物語、サラッと終わるだろうという予想に反して2スレ目に突入です

『性格・性別』よりも『重要度・一方通行との絡み』等を考慮している配役な都合上、ハリポタ原作とは異なる人間関係が多数有り得ます。決して百合展開はないのです本当です

配役によっては残念な琴になる場合もありますが、お広い心で受け止めていただければありがたく思います

そういう意味ではハリポタ既読の方もそうでない方も楽しめる作りになっているのかな……と勝手に思っていますので、楽しんでいただければ幸いです


それでは、一年目の魔法・魔術学校の授業が本格的にスタートです

魔法とパロディとメタが織りなすこの物語

はたしてアクセラポッターはどんな目にあってしまうのでしょうか

そして1巻分が完結するまでに何スレ使うことになるのでしょうか

もしかしたら『!』の数がとんでもないことになるような気がしないでもありませんが

淹れたてコーヒーと共にご覧ください


今回も、どうぞよしなに

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/09/19(月) 10:49:32.09 ID:Aex16SKDO
新スレキターーーーーーからのバッシャァァァ!!!

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/09/19(月) 10:58:31.49 ID:ohI8e/4P0
新スレ乙なんだよ!つ コーヒー豆

7 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/19(月) 10:59:49.89 ID:8ttAXCdN0

一方通行「明日から授業開始だよな」カキカキ

上条「ですね、入学翌日の今日は校内案内やらで終わったし」

禁書目録「みことみこと、今日もさいあいとフレと夜中までお話するの?あんまりお勧めしないんだよ!初日から遅刻騒ぎなんてもうまっぴらだしね」

御坂「それもそうね、早く寝ちゃいましょうか今日は……もうけっこういい時間だし。二人ともおやすみ」フリフリ

上条「始まって間もありませんけどね、おやすみですのことよ」フリフリ

禁書目録「グダグダなのはいつものことかも、おやすみとうま」フリフリ

一方通行「時間がねェなら後日にすりゃいいのn黙れお前らもう関係ねェのなそういうのにお前らは気づけないとか嘘っぱちだなこらちくしょうが」カキカキ

禁書目録「アクセラレータ、また明日ね!あれ?なんだかとうまとかみこととか私とかの名前が箇条書きしてある?」ペラッ

一方通行「覗くなっての……お前らファミリーネーム呼びじゃなかったりなンだったりで面倒くせェからよォ、まとめてあンだよ最初に」

御坂「ダブルポッターの一人のあんたが面倒とか言ってもね」ハハハ

上条「あー、いわゆる人物紹介、ならぬ配役紹介というやつですか」

一方通行「役とか言うな」カキカキカキカキ

禁書目録「名前を呼んではいけない例のアレイスターは絶対に名前で書いてもダメだからね!?分かってるのかな!?」

一方通行「それは確実に呼ンでンじゃねェかって疑問は消えねェけど、もう分かったっての……はやく寝ろお前は」

禁書目録「……チョコくれないの?」ジーーッ

一方通行「……歯ァ磨けよちゃンと」ガポッ

禁書目録「わーい!」モキュモキュ

上条「……アクセラレータ、どんだけチョコ常備してたんでせう」ヒソヒソ

御坂「白白コンビねー。まったくあれで私らとまだ友達じゃないって言い張るんだからたいしたもんよね」

一方通行「うるっせェぞそこ」

禁書目録「モキュモキュこれでモキュモキュ明日からンキュッ。頑張れるかも!」ニコッ

9 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/19(月) 11:20:59.56 ID:8ttAXCdN0

<登場人物・配役紹介>

アクセラレータ・ポッター (ハリー・ポッター)
主人公。ポッターの運命を二分している一人。グリフィンドール寮一年生
両親は二人とも死亡しており、写真でも見たことがない。どうやら母親に激似らしい
物理的・魔法的に関わらず力を観測、反射できるという特技をもつ。習得した経緯は不明
入学初日に知り合った三人にはいまだ心を開ききっていないけど傍から見れば親友そのものなのでなに言ってんのあの子状態
ツンデレとか言うなチョコ食わすぞコラ
ちなみに今のところコーヒーぶっかけは通用しないなんてことなの……
そろそろツッコミとしてのスキルが成長しそう。『!』と小文字が復活しそう


当麻・上条・ポッター(ハリー・ポッター)
ポッターの運命を二分しているもう一人。アクセラレータの親友。グリフィンドール寮一年生
十数年前まで魔法界を脅かしていた闇の魔法使いを赤子の頃に打ち破った『魔法界の英雄』
でも実際は勉強ダメだったり不幸体質だったりオガクズだったりで親しみある英雄として受け入れている
右腕には『幻想殺し』という魔法そのもので構成されているものならなんでも打ち消すというチートな力が宿っている
チートすぎて扱いに困るというかマジでなんなの上条さんほんと
とりあえず魔法道具とかに関しては両手で覆える範囲で全体を打ち消さないと壊せないとかそういうことにすることになった
両親は存命、過保護だそうです


インデックス・グレンジャー(ハーマイオニー・グレンジャー)
アクセラレータの親友。グリフィンドール寮一年生
マグル生まれという設定はこの娘には無理があったのでなくなったんだよ
すっかり今回のマスコットしてるかもモキュモキュ
魔法についてやホグワーツについての解説をこなせるのでとっても重宝している
アクセラレータにはホグワーツ特急搭乗時に助けられた恩やらお菓子をくれたりやらでなついている
白白コンビと呼ばれるのもまんざらではないくらい仲がよろしい。いいことだ


美琴・御坂・ウィーズリー(ロナルド・ウィーズリー)
アクセラレータの親友。グリフィンドール寮一年生
大家族。一番上の姉一人、10031つ子の姉、9969つ子の妹、あほ毛の末っ子という大家k無理があるだろ
そのうちテコ入れが入ると思われる。とりあえず一巻時点ではそこまで家族が出ないので、ほ、放置しよう
父親がマグルの電化製品を集めるのが趣味だったために、魔法使いが普段なら接することがない『電気』を間近に育った影響で
感情が爆発すると電撃を発してしまう無理やりな困った娘。でもビリビリじゃないと御坂じゃないという信条が勝った
今のところ乙女の腐った嗜好はない……このままのみこっちゃんでいてほしい

12 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/19(月) 11:35:28.60 ID:8ttAXCdN0

仕上・浜面・ロングボトム(ネビル・ロングボトム)
アクセラレータ、上条と寝室が同じ。グリフィンドール寮一年生
おっちょこちょいだったりドジだったり間が悪かったりで上条さんと気が合うとても
ひょんなことからその手に渡った『組み分け帽子』を常に被るか手元に置いておくことになってしまった
割とオチ、しかもちょっとついてない感じを担当させてしまうので申し訳なくおもっているけど様式美だから勘弁してねごめんね

組み分け帽子
喋るうざい帽子。浜面所有
ここ数年組み分け時に歓迎の歌を歌えていないので自ら修行の旅に出た(本人(人?)談)
浜面を偉く気に入ったようで、助言、にみせかけてなにやら色々とあることないこと叫んだりする

元春・土御門・フィネガン(シェーマス・フィネガン)
アクセラレータ、上条と同室。グリフィンドール寮一年生
グラサンとアロハシャツなのはポリシーなので外せんですたい
義妹の存在が未定なので生かしきれていないのは内緒

青髪ピアス・トーマス(ディーン・トーマス)
アクセラレータ、上条と同室。グリフィンドール寮一年生
平常運転な通称青ピ。小萌せんせーラブ

最愛・絹旗・ブラウン(ラベンダー・ブラウン)
インデックス、美琴と同室。グリフィンドール寮一年生
超がつくほど出番に恵まれて、いるわけでもないのに出ると反響がある不思議な娘
みんなそんなにか、そんなにさいあいちゃんが好きなのか。残念、今後もそんなに出番はnゴシャッ

フレ・セイヴェルン・パチル(パーバティー・パチル)
インデックス、美琴と同室。グリフィンドール寮一年生
世に言うフレ/ンダを逆手にとって双子としてのご登場
結局が口癖に残っている

14 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/19(月) 11:47:21.03 ID:8ttAXCdN0

ワースト・ミサカ・ウィーズリー(パーシー・ウィーズリー)
グリフィンドール五年生で監督生。美琴の姉
美琴を『おねぇさま』と呼んでおちょくったりしているが、学校でうまくやっていけるかかなり心配していたりしていたいい姉
それまではアウトローを気取っていたので監督生になったことを他の妹達に馬鹿にされたりしている


削板・軍覇・ウッド(オリバー・ウッド)
グリフィンドール五年生で監督生。グリフィンドールクィディッチチームのキャプテン
根性!!!!!いまのところそれ以上紹介することはない根性!!!!!
七つ以上の数があるとどうでもよくなるまさにナンバーセブン


結標・淡希・ジョンソン(アンジェリーナ・ジョンソン)
グリフィンドール寮三年生。クィディッチグリフィンドールチームのチェイサー
自分も13歳なロリなくせに年下好きというぶれないショタコン
入学三日目でなにかやらかしたという


20000・ミサカ・ウィーズリー(フレッド・ウィーズリー)
グリフィンドール寮三年生。美琴の姉。クィディッチグリフィンドールチームのビーター
変態。変態。まごうことなき変態。笑い声はグフィグフィな変態
アクセラレータに一目ぼれしたので舐めたい嘗め回したい
特に真面目な顔をする予定はない
入学三日目でなにやらやらかしたらしい


10033・ミサカ・ウィーズリー(ジョージ・ウィーズリー)
グリフィンドール寮三年生。美琴の姉。クィディッチグリフィンドールチームのビーター
20000号とあわせて『変態ツインズ』と呼ばれるどマゾ
アクセラレータをご主人様と慕い、踏んで欲しい蔑まれたいののしられたい犬ですあなたの犬です
入学三日目でなにやらやらかしたらしい

16 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/19(月) 11:56:48.20 ID:8ttAXCdN0

帝督・垣根・マルフォイ(ドラコ・マルフォイ)
スリザリン寮一年生
純血主義で嫌味でフォイフォイな嫌な奴
エンジェリック要素は無くなったのかと思ったらこの歳で翼を模した守護霊なんか作れちゃって実力はある様子
しかし入学初日の特急内でダブルポッターにけちょんけちょんにやられたのでヘタレ臭しかしないともっぱら噂
そろそろライバル的な動きを何かみせたい


メジャーハート・パーキンソン(パンジー・パーキンソン)
スリザリン寮一年生
垣根の取り巻き。純血主義


緻密・砂皿・クラッブ(ビンセント・クラッブ)
スリザリン寮一年生
垣根の取り巻き。純血主義


ゴーグル・ゴイル(グレゴリー・ゴイル)
スリザリン寮一年生
垣根の取り巻き。純血主義


ンダ・セイヴェルン・パチル(パドマ・パチル)
ハッフルパフ寮一年生。フレの双子の妹
本当はレイブンクロー生だったはずなのに誰かの何かのせいでハッフルへ。すいませんでした
口癖は『訳』だけが残っている


光貴・海原・ディゴリー(セドリック・ディゴリー)
ハッフルパフ寮三年生
イケメンと噂の模範生らしい

17 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/19(月) 12:16:24.22 ID:8ttAXCdN0

百合子
アクセラレータの飼っている白ふくろう
どうやらアクセラレータの母親と同じ名前らしい偶然にも
おかげで色々と混乱やら誤解やらを招く原因にもなっているけどこの子には関係ないモフモフキュッキュッ!!


桔梗・芳川・ダンブルドア(アルバス・ダンブルドア)
ホグワーツ魔法・魔術学校校長
当代敵無しやる気も無しと有名なグダグダな人
裏では色々と働いてるのよ本当よ
アクセラレータを守るためにね、色々とね、本当だってば疑うのあなた コポコポコポ
彼へのコーヒーツッコミが封じられて存在意義が危うくなっていると焦り始めた


愛穂・黄泉川・ハグリット(ルビウス・ハグリット)
ホグワーツの森番
大きいのは身長だけじゃなくて胸囲もです男の子の夢がつまってますのことです
アクセラレータの母親とは知り合いのようで、面影を重ねては焦っている
基本豪快な人。魔法生物が大好きなのだが後々それがちょっと大変なことに(伏線)


数多・木原・スネイプ(セブルス・スネイプ)
スリザリン寮寮監で『魔法薬学』の教師
アクセラレータの母親である百合子に惚れていた、もしくはなにやら思うところがあったらしく
そっくりなアクセラレータを影で見守ろうと決めた、けど影で収まっているのは我慢できるのかわからない
グリフィン生徒からは「ふくろうを狙うケモナー」として認識されている
とにかく百合子が絡むとダメダメだきはらだめなーやんだみたいなー


小萌・月詠・フリットウィック(フリットウィック)
グリフィンドール寮寮監で『呪文学』の教師(原作ではレイブンの寮監ですが改変)
小さくて10歳未満にしか見えないのにどうやら黄泉川よりも年上らしいでもそのことに触れると逆さづり池ポチャの刑より恐ろしい目が待っている
そんなところ以外はホグワーツで唯一まともな大人。ホグワーツの良心。こもえてんてー


ローラ・スチュアート・マグゴナガル(ミネルバ・マグゴナガル)
ホグワーツ副校長。レイブンクロー寮寮監で『変身術』の教師(原作ではグリフィンの寮監ですが改変)
喋り方がもうアホ丸出しにありけるのことよ
ウメはやっぱりダメなりしなの詳しきはかたらなきことなのだけれど


メガネ管理人(アーガス・フィルチ)
ホグワーツの城の管理人。夜中の見回り等等
捕まえつる時は迷わず首を狙うのでもう怖い怖すぎる
魔法は不得意だがそれを補って余裕があるほどの武術の達人


春生・木山・スプラウト
ハッフルパフの寮監で『植物学』の教師
脱ぎ女


リドヴィア・ロレンツェッティ・トレローニー
『占い学』の教師
普通の占いもいたしますが、縛られたり踏まれたりの占いはより的確ですので。しゅみではありませんので


カエル医者(マダム・ポンフリー)
ホグワーツの凄腕校医
杖職人やら特急車内販売員と顔が似ているとアクセラレータは言っていたけどなんのことなんだろうね?

22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2011/09/19(月) 13:05:39.22 ID:76wyBquh0
まさか人物紹介だけでここまでとは……
色んな意味で乙です

64 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/20(火) 13:49:00.99 ID:2fn4tzqU0

禁書目録「きょっうかっらたっのっしい授業なんだよー♪」ピョンピョン トテトテ

御坂「ご機嫌ねー、私は不安で仕方ないんだけどなー。あんまり撥ねてると階段踏み外すわよ」ハハハ トンットンッ

禁書目録「一時限目の予習もばっちりかも!魔法史の!」フンス

御坂「まさかの魔法史……物凄くつまらないとか聞いてるわ。眠くなってしかたないって」

禁書目録「歴史を知ってこそ今があるんだよ!私は真剣に聞くからね!」トテトテ

御坂「眠っちゃってたらノート頼むわよ……あ、おはよう二人とも」

上条「おはようですのことよー」

一方通行「遅ェ」

禁書目録「おはよとうま!……挨拶は?アクセラレータ!」ムー

一方通行「はいはいおはようございますゥ」

禁書目録「はいよろしいかも」

御坂「鞄重いわー。これをぶら下げて城中を歩き回らないといけないってきっついわねー」ハァ

上条「本格的に授業開始日って感じだよな。昨日は呪文学の教科書だけだったしさ」

一方通行「つっても結局教科書使わなかったけどな……無駄話終わり、さっさと行くぞどォせ誰かさンのあれがあれでこの時間に出ても朝食ギリギリなンだから」


65 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/20(火) 14:01:08.35 ID:2fn4tzqU0

禁書目録「数占いはね、ただの占いみたいに術者によって結果が左右されるみたいな曖昧なものじゃなくて、誕生月とか名前の文字数とか数字の計算を基にはじき出される誰がやっても確かなものだから、占い学とは区別されてるんだよ」トテトテ

御坂「へー、でもどっちも三年時からの選択科目よね。占いかー、見るのはいいけど自分で占うってなるとちょっとなー」

上条「ポッターさんは水晶玉に不吉な影しか映らなそうでごめんですね」ハハハ

一方通行「違いねェ。お、階段来たぞ」

禁書目録「実習の時に相手がとうまだったら、とりあえず不幸なことを羅列しておけば満点かもね」クスッ

一方通行「だろうな、この階段で連続何回目だよおい」

御坂「ある意味凄いわよね、いまのところ動く階段全部でひっかかってるし」

上条「ちょっとお城に説教したいほんとに」ソゲブッシュッシュッ

66 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/20(火) 14:38:55.80 ID:2fn4tzqU0

土御門「っで、だにゃー。ボールが一つだなんて……お、ダブポタご一行の到着だぜい」

青ピ「えぇやないのその一つのボールをつないでやねー……おはよぅさんー!」

組み分け「天才たる私の記憶が確かならばキミ達は私達より先に寮を出たはずではないか?なぁ、我が友ことバニー好きの仕上よ」
浜面「だよな、俺らよr余計なもん付けるな!!」

絹旗「私達が超身支度してる時に先に下りていってましたよね?」

フレ「どれだけ迷ってるの?結局英雄って方向音痴?」

上条「いやぁ、ハハハ、方向音痴といいますか」ハハハ

御坂「運勢音痴と言うか」

一方通行「運勢に見放されてるっつゥか」

禁書目録「いやいや運がなかったら名前を呼んではいけない例のアレイスターと対峙して生き残れられっこないかも」

一方通行「じゃァそン時に使い切ったなお前」ポンッ

上条「なんかそんな気がしますよちくしょう身に覚えの無いことで」

禁書目録「とにかく早く食べよ!お腹ペコペコなんだよ!」ストン クーーーーー

一方通行「食後にチョコはやるからあンまがっつくなよ」ガタッ

禁書目録「ほんと!?」キラキラキラ

上条「やっぱり常備なんですね」

御坂「チョコセラ」ププッ

一方通行「これないとわめくだろこいつがうるせェ黙れ」

67 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/20(火) 14:51:47.65 ID:2fn4tzqU0

上条「お三人方も今日は荷物持ってきてますね」モグモグ

土御門「昨日は二度手間だったからにゃー。でも置きぬけこの重い鞄はちょっと勘弁ねがいたいぜよ」モグモグ

御坂「分かる、分かる。寮があんなに遠くなければいいのにねー」モグモグ

フレ「絹旗くらいの怪力でないと結局今日一日だけでおかしくなりそうよ」マグマグ

一方通行「チビのくせにそンな力強ェのかお前」

絹旗「チビとかやめてくださいそんなに変わらないくせに。私的にはむしろ超ひょろいあなたが鞄もててる事実の方が驚きですよ」ププッ ハグハグ

組み分け「白もやし……勇猛果敢な……城とかけて……」ブツブツ
浜面「あ、なんか歌詞が浮かんだっぽい」ガツガツ

一方通行「引き裂くぞ帽子てめェ」

青ピ「アクやんはほんま女の子やー思うくらいほっそいもんねー。僕ぶっちゃけ最初は女の子やーおもっとった……ほんまにぶっちゃけると、寮の寝室で顔合わせるまで」

土御門「だにゃー」ウンウン

浜面「だよな」ウンウン

一方通行「ひっちぎるぞクソボケが」

69 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/20(火) 15:01:32.35 ID:2fn4tzqU0

御坂「正直私も『え……どっちこいつ』って思ってたわ」ウンウン

一方通行「ノリで言うなお前と会った時は判別つかねェこンなローブじゃなかったろうが」

禁書目録「モキュモキュあーモキュモキュあのンキュッ。しましまの変わった洋服だったよね」

一方通行「変わったとか言うな高ェンだからなあれ」

絹旗「超気になりますね、どんなだったんですか?」

御坂「え?えっとね……こんな、こーんな、感じで。縞々が前面で、斜めに」サラサラサラ

フレ「…………結局……サラッと描いたけど……なにこの絵。地獄絵図……?」

御坂「は、はぁ!?ふ、ふつーに人描いてるじゃないの!」

一方通行「……なンですかァこの『鉄格子にめり込みながら血の涙を流す老人』は?」

御坂「あ、あんたよあんた!!」

上条「……あ、待ってくださいご飯食ってるときにそういうあの黒中尉なものはちょっと」フイッ

御坂「人物画だってば!!!え、いやそんな、そんな酷くなくない!?!?吐き気をもよおs」

土御門「……ないな」ウップ

青ピ「……ねーよ」

御坂「きゃ、キャラを捨てるほどですって!?!?」

70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/09/20(火) 15:11:30.24 ID:0KrgD+jDO
食事中じゃなくても辛い絵だってのに…

71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/09/20(火) 15:11:38.79 ID:QsEgICzDO
やっぱしましま服だったのか

御坂絵wwww

73 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/20(火) 15:25:39.19 ID:2fn4tzqU0

組み分け「分かる、分かるよ御坂嬢。天才の才能っていうのは中々認められないのさ。キミも画伯としての誇りを失わずにいれば……」

御坂「画伯とかやめなさいよそんなんじゃないってば!」

一方通行「……一時限目なァンですっけェ」

禁書目録「魔法史なんだよ!あ、電車の中で私と議論になったこと、せんせーに聞いてみようねアクセラレータ!」

御坂「は、話逸らすのやめてよ!ねぇ、そ、そんな、そんなひどいねぇ!」グイッ

上条「あ、いやはは。ま、まぁこうしてみると味がないことも……あ、まってやっぱむ、うっ」サァァァァッ

浜面「か、顔が青くなってんぞ上条!!」アワアワ

絹旗「顔をあっちむけて食べておきましょうか」フイッ

フレ「結局絵以上に地獄絵図になりそうな予感」フイッ

土御門「いやー思わず素になっちまったにゃー」フイッ

青ピ「洒落にならんよねー」フイッ

上条「あ、ちょ、みんなほっとくのやめ、うっ、と、とい……」

御坂「そこまでじゃないわよね!?ねぇ!?」ガシッ

上条「や、美琴sんお手を離してあのせめて、せめてその絵をこっちに向けるのやm、うっ、ぁ、ふ、不幸だあああああああっt」

一方通行「……おい天才」

組み分け「……わたしかい!?!?!?な、なんだいなんだいアクセラポッター天才たる私に天才と呼びかけるなんてヤルネェ!なんだいなんだい」ワクワク

一方通行「……すまン」グイッ

浜面「あー、そうな、この場で受けられそうなのは……大丈夫だ、天才。あとで小萌せんせーに念入りに洗ってもらおうぜ」

禁書目録「南無三かも」

組み分け「え、なんだいなんだい私にそんなに重要な任務を!?なにかなこの天才たる私に出来るならなんd……」





組み分け「不幸だーーーーーーーー!!!!」

74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2011/09/20(火) 15:34:06.21 ID:9A8RNigF0
うわぁ……

75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都) [sage]:2011/09/20(火) 15:40:35.34 ID:peRdBlSI0
組み分けinゲロ
1の頭上に持っていって
上条ポッターのゲロそぉぉぉい!!ベッチャアアアアアアアア!!

76 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/20(火) 15:44:19.52 ID:2fn4tzqU0

御坂「小萌せんせーに滅茶苦茶怒られた」シュン

禁書目録「そして10点減点されたんだよ」

一方通行「まァ妥当だわな」

上条「そして酔い覚ましの呪文をかけてもらったのでなんとかかんとかマジで噴出するのは避けられましたのことです」

組み分け「……いや実際に口元までもってかれたときの絶望ったらなかったよ何してるのキミ達っていうか仕上」
浜面「いやごめんって」

御坂「あ、ご、ごめんね。私なんか変に意地になっちゃって……」

上条「いや、気にするなって……でも今後、お食事中にお絵かきは勘弁してくださいね絶対に」

御坂「はい」シュン

絹旗「超お騒がせですね御坂」モグモグ

フレ「結局絹旗が余計なこと聞いたのも悪いと思う」マグマグ

土御門「いやこんな話に繋がるとは思わんから不可抗力だぜい」モグモグ

青ピ「一寸先は闇やねー」モグモグ

禁書目録「いきあたりばったりなのがよく分かるんだよ」モキュモキュ

一方通行「うるせェぞお前ら。ってか飯食う描写ほとンどねェのにもう時間だしよォ」ハァ

77 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/20(火) 16:16:01.18 ID:2fn4tzqU0

一方通行「さっきも言った通りよォ、次は魔法史だったな。二階だし、まァそう急ぐこともねェか」

御坂「みんな、心しなさいよ。なんでも退屈すぎて爆睡確実って話だから」

土御門「さっすがに、一発目の授業でそれはないとおもうぜい」ハッハッハ

青ピ「そやねー。小萌せんせの授業みたくーとは言わへんけど、最初やさかい簡単に説明とかしてくれるんちゃうの?」

禁書目録「私は最初っからガッツリ入ってほしいかも!」ワクワク

絹旗「がり勉……とはちょっと違いますね。超真面目ですよインデックスは」

フレ「歴史なんてただでさえ興味ないのに……結局、最初はもっと楽しいのがよかったなー」ハァ

禁書目録「楽しいじゃない、知らないことを教えてもらうの!んね、アクセラレータ」

一方通行「まァな、ほらお前らも受けてみねェと分かンねェだろ」

上条「そうですね……んじゃ、みなさん気合いれて!行きますか!!」


オーーーーッ!!








ピンズ「であるからして、古代ギリシャの『腐ったハーポ』など、著名な魔法使いとして名を馳せる魔法使いが出現し始めたのはこの紀元前500年頃。既に歴史的資料の表舞台からは彼らは隠蔽されており、この……」


上条「……zzZ」

御坂「……zzZ」

土御門「……zzZ」

青ピ「……zzZ」

組み分け「……zzZ」
浜面「……zzZ」

絹旗「……zzZ」

フレ「……zzZ」

……zzZ   zzZ  モウタベラエナイ

禁書目録「ぜ、全滅なんだよ…………ハッ!ダメダメ、私たちだけでもしっかりノート取ろうね、アクセラレータ」ック

一方通行「なンなンだあのゴースト教師……出席取って速攻なにゃら説明しだし……やがっ」ウトウトッ

禁書目録「あの一本調子な喋り方は催眠効果が……ッハ!!ね、寝たらダメなんだよ!」ベシッ

一方通行「……よくね?ノートはあいつが書き溜めてからで一気に書けばよくねェ……?」ズルズル

禁書目録「つ、つっぷしちゃだめーーー!!……ふみゅ……ッハ!!」

ピンズ「〜〜〜〜〜〜〜。〜〜〜〜〜、〜〜〜〜〜〜〜」

78 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/20(火) 16:34:33.88 ID:2fn4tzqU0

ジリジリジリジリジリジリジリジッ!!!!

ビンズ「時間ですな。次回はこの補足とその続きから。では」クルッ スーーーッ

一方通行「黒板すり抜けて帰りやがった……」ックァーー

禁書目録「よ、予鈴……?なんとか、書ききったかも」

上条「ッハ!!湯切り口はそっちじゃありませんのことよ!!!」ガバッ!!

御坂「ッッハ!あ、あれ!?金銀財宝ザックザクは!?!?」ガバッ!! キョロキョロ

一方通行「素敵な夢を見れましたかァ……ってお前は夢の中でもついてねェのかよ」

上条「あ、よ、良かった。流しにぶちまけられたUFOはいなかったんですね」ホロリ

御坂「あーぁ、分かってたのにやっぱり眠っちゃったわ……うわ、ノートなにこれ何を書いてるんだろわたし」

一方通行「いやお前は起きてるときでも何描いてるか分かンねェですけどね」

御坂「書く違いようるさいわね」

禁書目録「ゴーストの先生だなんて驚きなのに、なんだかすぐになれちゃったよね」ゴシゴシ

上条「ですねー、黒板の向こうからスーッと出てきてみんな騒いでたのに、平然と鞄置いて名簿開いて出席確認、その後すぐノート開いて講義だったもんなー」

一方通行「……まァ他のおかしすぎる奴らよかマシ、なのかもしれねェけどなあれでも」

80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/09/20(火) 16:56:40.20 ID:i+gn2Yms0
やっぱり白白コンビは和むな〜

上条さんは夢でも不幸なのか……

81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/09/20(火) 17:12:15.09 ID:QsEgICzDO
上条さん……どこをどう勘違いしたらそんなことに……www

91 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/20(火) 21:32:45.10 ID:2fn4tzqU0

禁書目録「っで、ハーポって人はバジリスクを生み出しちゃったの。分かった?みこと」トテトテ

御坂「うん、サンキュー。あんた教え方あの先生よりよっぽど上手よ、温室までの移動時間でざっと今日の内容分かっちゃったわ」ハー テクテク

禁書目録「うーん、こうやって私が説明できるのもあのゴースト先生の濃密な授業を聞いたからだから、あながちそうとは言えないかも。大分端折ってるし、ね、アクセラレータ」

一方通行「そォな、どうせテスト前に今回の内容についてなきついてくる未来が見えらァ」

上条「その時はなにとぞノートをよろしくお願いしますお二人様」

御坂「お願いします」

禁書目録「第一回目の授業からそんなこと言っちゃう子って……」モー

一方通行「でも実際あの教師の声はやべェよ、俺も最後10分は撃沈だったしな……ゴーストなだけあって、俺らをあっちに引っ張ってンじゃねェの?」

上条「任せろ俺に!」シュッシュッ ソゲブッ!

禁書目録「いや流石に先生を消しちゃうのはまずいと思うかも」

御坂「生ける英雄・ポッターの伝説『入学二日目で教師をそげる←NEW!』」カキカキ

一方通行「前から言いたかったンだがそのノートなンなンだ」

御坂「ポッター伝説まとめよ。これまでにも『グッとガッツポーズしただけで髪の毛が逆立った』とか色々」

一方通行「こいつの何に注目してンだ魔法界」

92 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/20(火) 21:43:40.22 ID:2fn4tzqU0

一方通行「ゴーストでなくっても爺さンっぽい見た目だったしよォ、死んでることに気づかなくてそのまま授業に出てきちまったとかそンな感じなンじゃね?」スタスタ

御坂「こわっ、でも悪い人じゃなさそうよ。きっとなんかこう、ね」

禁書目録「うん、何か真剣に教えて欲しいってたのめば、こう」

上条「しぶしぶながら概要だけでも教えてくださりそうな、そんなお人ですのことですね」ウンウン

一方通行「そォな例えばひみtうるせェよ早ェよ何も言ってねェ俺は何も言ってねェ」

御坂「なに焦ってんのよ……あ、そういえば城から出る前にお手洗い行っていい?」

禁書目録「この位置だと三階のあのトイレが近いかもあの爬虫類くさいっていう」

一方通行「だァァかァァァらァァァァ!!!やめろってンだろがァァァァあああ!!」

上条「ハハハ、フライング設定ポロリはもうお約束じゃないですかアクセラレータさん」

一方通行「設定言うなちくしょう」


93 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/20(火) 21:55:46.66 ID:2fn4tzqU0

一号温室

上条「うぉ、蒸し暑いな」

一方通行「温室だからなァ……なンか動いてる植物がデフォっぽいのが怖ェが」

禁書目録「でもここは一号だし、人を襲うようなのはないはずかも。危険なのは数字が大きいほうって言ってたよね?」

御坂「うん、少なくとも毒持ちなんて……あれ?」

ンダ「あ、やっとグリフィンが来た……だ、ダブポタって訳よ!!」ワー!

禁書目録「あれ?フレ、どうしてハッフルパフの制服?」

ンダ「違う違う、私はンダの方」フリフリ

上条「あぁ、双子さんの……でもどっちにしろなんでハッフルパフなのに?」

「なんでって、それはこの授業がハッフルパフとグリフィンドールの合同授業だからに決まってるじゃないか」ヌッ

一方通行「……ンだこのでけェの」

御坂「た、タバコ咥えてる!?」

「でかいのが悪いのかい育ち盛りなんだいいだろう別に。これは……ふっ、キミたちには早いかもn」

ンダ「シガレットチョコってことはとっくにばれてるんだからかっこつけるのはやめておいたほうがいいって訳よ」

「か、かっこ……!?」

上条「あ、なるほど早めの思春期ちゃんってことですね」

御坂「むしろ適齢かもね」アルアル

一方通行「いってェ」ウワァ

禁書目録「チョコ!?チョコなの!?ほしいかも」キラキラキラ

「な、なんだい……あげないよ」ウッ

禁書目録「わたしの名前はインデックスって言うんだよ!あなたは?チョコ咥えた子!」ニィッ

「」キュンッ




ステイル「ステイル・マグヌス・フィンチ-フレッチリーさ」キリッ

95 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/20(火) 22:05:56.59 ID:2fn4tzqU0

禁書目録「ステイル……フィンチ-フレッチリーって変わってるね!」

ステイル「ふふふ、由緒正しい家系でね。あ、チョ、チョコが欲しいと言っていたっけ。さっきはあぁ言ったがその、ゆ、友好のしるしにあの」スッ

一方通行「間に合ってますゥ」ガポッ

禁書目録「?わーい!」モグモグ

ステイル「な、なんだいキミは……あ!ダブポタの!」

一方通行「なンでその呼び方普及してンだクソが……勝手に餌を与えねェでもらえますかァ?こっちゃいつチョコやるかのタイミングとチョコで満足できなくなった時のバランスに気ィ配ってやってンのに台無しなンすけどォ」

ステイル「そ、そんなの知らないと言うか今キミあげてたじゃないか!じゃあ僕があれしても……」

禁書目録「?モキュモキュよくわからないけどモキュモキュいまンキュッ。考えてみたらそのチョコ小さいからお腹の足しにもならないし別にいいかも」

ステイル「」ガーンッ ガクッ

上条「WINNER、アクセラレータ」

一方通行「勝った」

御坂「餌付け役としての権威をたもてたこと、どう思いますか」

一方通行「そォですね、今後もこういうやからはちぎっては投げていきたいと思いますゥ」

禁書目録「ちょ、あの、もうちょっと色のついた話にならないのかな私が言うのもなんだけど」

ンダ「っていうかなんな訳これ」

ステイル「」ズーーーーンッ

96 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/09/20(火) 22:07:18.38 ID:QsEgICzDO
早い奴は厨二に目覚める時期だもんなぁ11歳ってwww

97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) [sage]:2011/09/20(火) 22:13:42.25 ID:8Slq9UDAO
11歳の時とかポケモンの事位しか考えてなかったなあ

98 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/20(火) 22:14:19.35 ID:2fn4tzqU0

ンダ「まぁ厨二でかぶつは置いといて」

ステイル「でかぶつはいいけど厨二はやめて」

上条「じゃぁドマゾどかどうですか」

ステイル「英雄だからってなんだいキミ失礼すぎるよ」

一方通行「いやなンかお前炎に自ら47回焼かれても嬉しがってそうで」

ステイル「その話はやめてくれないかっっ!!!!カエルチョコのカードのおまけにもなっているあのバカと同じ名前なせいで僕がどれだけこれまでいじめられてきたと……!!!」

ンダ「だぁかぁらぁ、もうそいつの話はいいって訳よ。それで、この『植物学』はハッフルとグリフィン合同授業なんだけど……」

禁書目録「そういえば小萌が言ってたかも、授業によってはそういう形式をとるって」

ンダ「うん……それで」




ンダ「フレとか、他の生徒は?もうすぐ授業始まるって訳なんだけど」

上条「あ……」

御坂「……忘れてた、わね」

禁書目録「私達、一番前に座ってたから……」

一方通行「……わりィことしたな」




組み分け「天才たる私が起こしているのだぞーーーー!!こらぁあああああ起きんか仕上ぇえええええ!!!仕上−−−!?!?!?き、キミまで天才たる私を無視するのかぁあああああああ!?!?!?!?仕上くーーーーん!?!?仕上ちゃーーーーーん!?!?!?おぉおおおおおおおいいいいいい!!」
浜面「むにゃむにゃ……しろ、バニー」ムニャムニャ

110 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/20(火) 23:33:59.51 ID:2fn4tzqU0

ズダダダダダダダッ

ガラガラッ

青ピ「ギリギリセーーーーフやーーー!!」ドサァァァ

土御門「だにゃーーーー!!」

浜面「あ、あっぶねぇ……って待って後ろ押すな押すnあああぁぁあ」ズテーーーン!!


ゾロゾロガヤガヤ マダセンセーキテネーゾ ヨカッター


一方通行「お、来たぞグリフィン一行」

御坂「ぎっりぎりだったわね……ごっめーん二人とも」

絹旗「まったくですよ……超まったくですよ、どうして起こしてくれなかったんですか」ゼハァ、ゼハァ

禁書目録「ご、ごめんなんだよ」

フレ「やっほ、ンダ……あぁ、結局この授業ってハッフルとの合同……?」

ンダ「って訳よ、うん。間に合ってよかったね、フレ」

上条「本当ですよ、ポッターさん一緒じゃなくてよかったですねみんな」ハハハ

一方通行「自虐はやめろ悲しくなるだろ……っと、予鈴鳴ったな」


111 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京西部) [sage]:2011/09/20(火) 23:41:25.28 ID:iIXL8W0Z0
上条さんが一緒だったら間違いなく大遅刻だったな
そしてフレとンダが一人でしゃべっている様に見えなくもないという

112 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/20(火) 23:51:32.46 ID:2fn4tzqU0

禁書目録「さいあい達頑張って走ってきたのに、先生まだ来ないね」

上条「うーん、準備に戸惑っているのでせうか。鉢とか、土とかの……?お手伝いに行ったほうがいいんですかね」

一方通行「にしちゃァ、この周辺にもいなかった気がすンな」

ステイル「あの先生は結構気ままだからね、植物学の教師なのに『日の光がきついから外に出たくないな……』とか言ってたよ昨日の案内で」

御坂「温室熱いとかもぬかしてたわね……待って、そういえばあの人そういう……」

ガラッ

一方通行「俺は何も見ない」スッ

組み分け「天才たる私ガーーード!」サッ
浜面「な、なんだよ組み分け目元まで降りてくるなよ!」ワタワタ



木山「やぁ諸君、遅れてすまないね」※上下とも下着のみ

オォオオオオオオオオオオ!!!

御坂「なんでじゃーーーーー!!!」

木山「!?び、びっくりした。あぁ、キミはウィーズリーの。どうしたねそんなに声を張り上げて」

御坂「なんで出オチになってんのよ!!着てから脱ぎだすと思ったから完全に油断してたわ!!」

木山「そう、そこなんだ。みんな私が脱ぐから怒るのだろう?だから最初からこう、脱ぐ必要が無い感じで。流れで」コウ

御坂「そうよねー、最初っからその姿なら、あ、今日はちょっと涼しげな格好だな先生よーし授業ちゃんと聞くぞーってならんわーーーー!!!そして男ども学習しとけやぁぁぁあああああ!!!」

ビリビリビリビリビリビリビリビリビリビリビリビリッ!!  パキィン!

御坂「そしてちぇいさーーーーー!!」

上条「ふぅ、そげってたすkぐっへぁあああああああ!!」



一方通行「あいつのがよっぽどツッコミだよな」

禁書目録「とうまに電撃が利かないことも学習して後ろ回し蹴りを的確に水月に落としてるかも」

組み分け「天才たるわたしのおかげで助かったろう仕上、どうだ、どうだい天才たる私。役に立つだろう?だから無視はやめて」
浜面「お、おぉマジでありがとう……無視?そんなことしたか?俺が?」


木山「……グリフィンはバイオレンスだな。しかし、慣れるとこれも暑い……」

ンダ「せんせー、早く服着て授業してほしい訳よ」ハァ

113 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越) [sage]:2011/09/20(火) 23:59:55.09 ID:DhvVzEOAO
木山先生いっそのこと水着でも着たら?

114 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸) [sage]:2011/09/21(水) 00:02:34.52 ID:hdT2dKEAO
もう全裸でいいと思います

115 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2011/09/21(水) 00:04:05.44 ID:+oc0ScPDO
>>113
水着より下着の方が興奮するだろうが

116 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/21(水) 00:08:03.95 ID:5OnBURQR0

木山「……暑い」ダラダラ

一方通行「俺らだって同じ格好なンですけど」

木山「キミ達は……なにかな?あの、ウェンデリンとかと同じ人種で……?」

ステイル「先生、教師がいじめを加速させるような話題をふるのはやめてください」

木山「えー、あー。うん、よし。暑がることさえ面倒くさくなってきた、大丈夫」ゼンゼンダイジョウブ

一方通行「そンなンで授業できるのかよ」

禁書目録「ただでさえ死んでた目がもっと暗くなったかも」

木山「みんな、こんにちは。春生・木山・スプラウトです。春は一年で一番嫌いだけどねせっかく涼しかったのに暑くなって行くから」

一方通行「いまだかつてこれ以上に最悪な自己紹介があっただろうか」

上条「いや、ないのですのことよ。っていうか漢字ネタはどうなのでしょうか」

木山「よく『植物学』と間違われますが、『薬草学』が正しい。みんなこの機会に覚えておくように、さん、はい。『薬草学』!」

一方通行「初めてでかい声だして教えられたのが教科名……『薬草学』!」

御坂「二度とやらかさないためよ……『薬草学』!」

木山「よろしい……この授業では主に魔法薬等に使用する植物の取り扱いや栽培方法を学びます。実習で育てた薬草を、この学校で怪我をした生徒のために使うことも多い。そういうわけで、実習の時には責任持って育てることを覚えておいてほしい」

一方通行「……急に真面目ンなった」

木山「そして暑いから脱いでいいですか」アツイ

禁書目録「勘違いだったね」

一方通行「もうやだd……いや大丈夫、まだ大丈夫だ、耐えろ俺ェェ」

117 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/21(水) 00:23:36.83 ID:5OnBURQR0

絹旗「超はい、せんせー」ヒョコッ

木山「なにかな?あー、あ。名簿を忘れてしまったよ。キミ、名前は?」

絹旗「最愛・絹旗・ブラウンです」

木山「さやえんど……なに?」

絹旗「さいあい!!きぬはた!!!ぶらうんです!!!!『さ』しかあってないじゃないですか超耳悪いんですか!?!?」

一方通行「しかも普通にある植物だし魔法植物でもねェし」

木山「いやね、暑さでね……それで?」

絹旗「そんなに暑いなら、このさい水着になっちゃえばいいと思うんですが」

浜面「そ、そうっすよせんせー!水着なら問題ないっす!!そういうもんなんっすから!なぁ男の子たちっ!」

土御門「そうだにゃー!そうすれば万事解決ですたい!」

青ピ「よぉゆうたでー!最愛ちゃん仕上げくーん!!」

ウンウン  ヨクイッター!! セイキマツハシャーーー!!!

絹旗「ちょ、わ、私は別に男共の超下衆い妄想をあれするために言ったわけでは……!」

木山「……グリフィンドールから5点減点」

絹旗「えぇえええ!?!?」

浜面「ちょ、なんでっすかぁあああ!?!?」

御坂「いや妥当でしょなに言ってんのあんたたち」

木山「水着で生活するだなんて、考えただけでも恥ずかしい。何を言っているのだねキミたちはまったく」

一方通行「そこかよ」

禁書目録「まさにお前が言うななんだよ」

木山「さて、横道にそれたところで……本格的に授業の話を進めよう」


119 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/21(水) 00:40:00.49 ID:5OnBURQR0




木山「同程度の露出度でも、なぜ水着はよくて下着はダメなのk」

一方通行「横道に反れてンのはあンただよわき道選ンでアクセルベタ踏みだよなンなンだ戻れ戻って来い」

木山「春は一年で一番きr」

一方通行「惜しいその二個次くれェの台詞だ頑張れ頑張れよ」

木山「覚えておいてほしい、暑いから脱いでいいですか」

一方通行「発言を切って貼って改変すンなァァァァァァァァ!!!!コピペ禁止ィィィィィィ!!!!台詞を勝手にコピペして自分の都合のいいようにすンのやめろやてめェェェェェ!!!」 」ウガァァァァァアアアアア!!!

上条「おぉう……」

御坂「ついに……」

禁書目録「鍵は、残念女だったのかも」ナルヘソ

一方通行「そこも意味不明な感銘うけてンじゃねェェェェえええ!!」

木山「……グリフィン怖い」ウワァ

一方通行「こっちゃ話通じなさ過ぎて怖いわクソボケェェェえええ!!おい、おい!!ハッフルパフども!!この教師お前らの寮監だろ!?!?お前らからもなンか……」バッ



ステイル「……」

ンダ「……」

ハッフル生徒s「……」     シーーーーン


一方通行「全員諦めの目ェェェェええええ!?!?入学二日目でもう悟りきった目をしているってどういうこったおいィィィいい!?!?」



一方通行「もォォォォやだ魔法界ィィィィィいいいいい!!!!」ウワァァァァアアアアア!!

禁書目録「どうどう、なんだよアクセラレータ。チョコ食べる?」ハイ

一方通行「!?」ガポッ モキュモキュ

上条「逆餌付けが始まりましたね」ハハハ

御坂「あぁ、貴重なツッコミが収まってしまう」クソゥ

一方通行「モキュモキュ黙れモキュモキュ」モキュモキュ

木山「というか、いいかげん授業始めてかまわないだろうか」

一方通行「ンキュッ。あンたが言うな」

121 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn [saga]:2011/09/21(水) 00:44:01.13 ID:5OnBURQR0
そんなこんなで今回はここまでです

木山スプラウトてんてーが予想以上にダメな人になりすぎたせいでアクセラポッターが目覚めかけましたあぶない
ここまで脱ぎ女じゃないのに……ダメな人はとことんダメな人に書く悪いくせです変態しかり。すいません

次回は変身術、そしてついに木原スネイプてんてーへの流れとなります

期待せずにお待ちください

122 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区) [sage]:2011/09/21(水) 00:45:07.84 ID:CPj4OlSIo
木山先生の授業受けてええええ

123 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) [sage]:2011/09/21(水) 00:45:55.67 ID:GTi7K3T+0
木山先生ってあんまりss出ないから嬉しい

163 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/22(木) 10:23:11.60 ID:1d48UwXU0

大広間

一方通行「散々だったなあの脱ぎ女の授業は」

御坂「『ちょっとだけ、ちょっとだけでいいから脱いでいいかな?』とか訳分からないこと言い出すしね」ハァ

禁書目録「ハグハグハグでもモキュモキュモキュモキュ授業自体はンキュッ。面白かったかも!ピョンピョンはねる球根なんて、なんだか可愛かったよね!」

上条「まぁなんとかかんとかこなしまして、今はポッターさんたちはお昼ご飯ですのことよ」

一方通行「とりあえず午前二時限午後二時限だもンな」

御坂「諸説あるんだけどとりあえずね」

上条「正しいのがちゃんと分かりましたらあの準備期間だったってことで変わりますのことです」

禁書目録「ご飯が食べられればそれでいいんだよ!お腹いっぱい食べさせてくれたら嬉しいな!」ニコッ

一方通行「いや目の前にあンだから自分で食えよとっとと」

禁書目録「それもそうかも!ハグッ!モキュモキュモキュモキュ」

御坂「午後一の授業は変身術だものね、気合いれておかないと」

上条「あー、あの副校長さんの」

一方通行「頭痛くなる喋り方のあいつか」

禁書目録「ハキュハキュ物凄いハキュハキュ変身術のンキュッ。名人だとか言うね、楽しみだね、アクセラレータ!」

一方通行「……しょうもねェことになるンじゃねェかとしか思えねェけどな」

165 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/22(木) 10:39:06.09 ID:1d48UwXU0

禁書目録「生き残った男の子って言うのは、名前を呼んではいけない例のアレイスターと対峙して生き残ったって意味なんだよ?両親存命はまた別の話かも」ハキュハキュ

御坂「それなら両親も『生き残った夫婦』になってそうだけどね」ハハハ

上条「ポッターさんが打ち払った、ってとこがあれなんじゃないっすかね、覚えてませんけど」ハハハ

一方通行「なンで英雄トークになってンだ?」

上条「いや、美琴がポッターさんが英雄らしくないとかなんとか言い出すから」

禁書目録「改めてとうまって有名なんだよーって話になったのかも」

一方通行「別にいいンですけどね、今に始まったことじゃねェですけどねお前らが外野に反応すンのは」

御坂「なに?あんた幻聴でも聞こえてるの?」

上条「一発そげっとく?」シュッシュッ

一方通行「一杯いっとく?みてェな軽いノリで素振りすンな用は殴るってことだろふざけンなお前」

禁書目録「アクセラレータ、ランチ食べないならもらってあげてもいいんだよ!」キラキラ チラッ

一方通行「お前らの会話につっこンでたら食う暇ねェだけだ、お前は自分の分食い終わったならチョコでも食ってろ」ガポッ

禁書目録「わーい!」モグモグ

御坂「あんまりあげすぎるのもどうかと思うわよ?」

上条「なついちゃったらどうするのことよ!誰が面倒みるの!?」

一方通行「なにキャラだお前……おかン?」

御坂「いやもうなついてるし面倒みるのは多分こいつでしょうよ、そうカリカリしなさんな」カァサンヤ

上条「あなたったらいっつもそうですのことよ!子供達のことは全部わt」

一方通行「寸劇してンななンでお前がおかンなンだよ何より」

166 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/22(木) 10:48:21.80 ID:1d48UwXU0

禁書目録「……キャンキャン!なんだよ!」

一方通行「お前も空気読ンで犬役にならンでいい」

禁書目録「こうしてたら餌をもらえるのかと思って」

一方通行「そンなンしなくてもやるってかいいンかそれでお前」

10033号「犬と聞いて」ヌッ

一方通行「呼ンでませン」

20000号「変態です!」ヌッ

一方通行「聞いてませン」

御坂「んな!?何よあんたたち!」

10033号「何よておねぇさま、ミサカたち変態ツインズにだってお昼ご飯を食べる自由はあるはずですが、とミサカはそれでも過去に数十回お昼抜きの処罰を食らったことくらいありますけどねと懐かしいあの感覚を思い出します」

20000号「そう、あれは男子寮に忍び込んで男子生徒全員のツンパを盗み出して存分に堪能したあと、改造花火にくくりつけて朝食中に大広間一面を覆う200オーバーの空飛ぶツンパ祭りをしたときのことです。輝いてたな、漏れ達」

一方通行「そのままお星様にでもなってどっか遠くで輝いててくれませンかマジで」

上条「三日目で……」

禁書目録「うわぁなんだよ」

御坂「もうやだこの姉」グスッ

168 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/22(木) 11:02:49.71 ID:1d48UwXU0

10033号「で、おねぇさま方アクセラレータたん。午前の授業はどうでしたか?」

御坂「……ぼちぼち。魔法史はすっごい退屈だったわ」

20000号「でしょーねー。あのゴースト野郎、漏れらがクソ爆弾3ダース爆発させたのにノーリアでしたもん」クッソゥ

禁書目録「その時の他の生徒のことを考えるといたたまれないかも」

一方通行「……ゴーストって臭いとか感じンのかそもそも」

10033号「」ハッ

20000号「」シマッタ

上条「いやそれでも阿鼻叫喚の教室で普通に授業しちゃうあの先生も先生ですのことよ」

御坂「木山先生はほんと脱ぐかどうかの問答が面倒だったわ。あの人はあんたたち的にどうなのよ」

20000号「どうもこうもないっすね、せっかく堆肥が大量にあっても汚す系の悪戯するとあの人迷わずっていうかここぞとばかりに脱いじまいますし、とミサカはここの教授陣の濃さっぷりに辟易します」

10033号「仕方ないんである朝身動き取れるギリギリの超厚着にしてやりましたよ、いや寝室入ったら全裸だったことにまず驚かされましたが、とミサカは最終的には我々の勝利に終わったことをご報告」

一方通行「何と戦ってンですか」


170 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/22(木) 11:14:38.86 ID:1d48UwXU0

20000号「時に、お次は変身術ですとか?」

御坂「……そうだけど」

10033号「ふっふっふ、あなたの時間割は既に把握済みですよアクセラレータさん、踏んでいきますか?」ハァハァ

一方通行「用件」

20000号「とりつくしまもねぇやべぇ……っとですね、これを」ゴソゴソ ゴトン

上条「……小瓶、ですね。中に……」

禁書目録「……ウメ、ぼし?」

10033号「上手に使いなさい」フフフ

一方通行「まだ早ェうえにその台詞は絶対あンたが言うべきもンじゃねェ絶対に絶対にだこら」

御坂「あんたらの悪戯に巻き込まないでよ!いわないわこんなの!」ズイッ

禁書目録「わっ、みこと私の頭越しに瓶渡さないで!」ワタワタ

20000号「まーまー、取っておいてくださいよおねぇさま。本当はもっと大量に授けたいとこなんっすけど」ズイッ

禁書目録「ちょ、あの、おさないでほっしい、かも」ワタワタ

御坂「だから!なんであの先生の苦手なもんをわざわざ私によこすのよ!!」グググッ

上条「インデックスさんが。美琴と20000号さんに挟まれて」

20000号「なにが起きるかわっかんねーじゃないですかー」グイグイッ

一方通行「苦しそうだな、ってか居心地悪そうってか」

禁書目録「お、おちちゅ、おちついてほしいんだよ、ふた、二人とも」ワタワタワタ

10033号「あ、あのお二人ともそのへんで。白い子がミサカのうらやむ状態になってますって」アセアセ

御坂「だいったいねー!!あんたたちは昔っから悪戯がどうこうってーーー!!」グイグイグイグイッ

20000号「ぐっふぃふぃー!それに混ぜてもれないとへそを曲げていたかわいいこちゃんはどなたでしたっけーーー!?!?」

禁書目録「」プチッ





禁書目録「わたしの頭越しに喧嘩はやめてくれないかなっっっっ!!!!!!」



174 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/22(木) 11:36:26.02 ID:1d48UwXU0

変身術教室前廊下

土御門「……上やん、あの二人喧嘩でもしたん?」


御坂「ごめんって、ごめんってばインデックス」アセアセ


青ピ「僕らは昼食同じやなかったさかい、よぉ分からへんのやけど」


禁書目録「知らないんだよ」プイッ


上条「なんといいますか、あはははは」アー

一方通行「……とっとと仲直ってくれませンか面倒臭ェンで」


御坂「あ、あんたちょっと遠くで人事みたいにね!!」

禁書目録「……また喧嘩する気なのかな」

御坂「あ、ち、ちっがうよーみこっちゃんは喧嘩なんかしないわよーあっはははー!」アハハー


絹旗「みこっちゃん……っぷ、超必死ですね御坂」ププッ

フレ「結局、なにか怒らすようなことをしちゃったのね、御坂が」

組み分け「よろしい、ここは天才たる私の心和ます天才たる歌で一つ」コホン、ンッンー。
浜面「余計なことはするなって」

一方通行「……ったく」ハァ  ツカツカ


御坂「あー、その、本当ごめんってあの、姉妹仲良く、はちょっとあれだけどこれからはあの」

禁書目録「……」ツーン フンフン

一方通行「そっぽ向いてンのにちゃンと話は聞いてっし」カカカ

御坂「あ、ちょっとあんまそういうのやめてって……」

一方通行「……ほら、やる。午後の一枚目だ」ヒソヒソ コソッ

御坂「!い、いいの!?私があげても!?」ヒソヒソ

一方通行「食後だしついでだ、ついで。いつまでも険悪だと一緒にいるこっちがきついンだよボケ、さっさとしろやヒソヒソ

御坂「あ……は!?え、それでいいの!?あ、ありがと」ヒソヒソ

禁書目録「……二人で何してるのかな」ムー

御坂「あ、ち、ちがくてあの!!ほ、ほーーーら、インデックスー!!」




御坂「チョコあげるから、許してくれない、っかなー……なんt」ハハh

禁書目録「許すんだよ!!」カプッ

御坂「早っ!?!?」




上条「……ちょろいな」

一方通行「まァ本気で切れてたわけじゃねェしな、しかしちょろいな」

175 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/22(木) 11:47:22.73 ID:1d48UwXU0
一方通行が御坂に変な台詞を言うように指示するっていうのを消したせいで、最後から八番目の御坂の台詞がちょっとおかしいです

見逃してやってくださいすみません

本当は「みこっちゃんのチョコ食べて仲直りしよっ☆テヘッ☆」って言わせるつもりだったのですが、そもそもこれを一方通行が御坂に伝えた時点
で御坂は腹筋が爆発すると思ったのでやめました

あと一番上の土御門なんで関西弁なん……?すみません

176 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/22(木) 11:52:49.13 ID:1d48UwXU0

禁書目録「はいモキュモキュもキュみことモキュモキュ半分こ!これでンキュッ。仲直りね!ありがと!美味しいんだよ!」ニコッ

御坂「あ、あは、あははは。よかったー。うん、美味しいわね」ハァァァァァァァ ハハッ

一方通行「良かったなァ、食後のチョコがもらえてよォ」

禁書目録「うん、アクセラレータ!みことチョコはアクセラレータチョコと同じくらい美味しいかも!」モキュモキュ

一方通行「そりゃ光栄で」カカカ

土御門「上やん、アクやんはあれでまだ友達じゃねぇとか言い張ってんのかにゃー?」

上条「その通りですのことよ」

青ピ「ツンデレだにゃー」

一方通行「そこ黙れそして今度はお前が混ざってンなこら」

組み分け「ンッンー、サン、ハイ。さl」
浜面「組み分け、喧嘩終わってるぞ」



ギィィィィィッ


一方通行「お……?そういやもう始業10分前か」

上条「おお、扉が自動で開きましたですのことですね!コンビニの自動ドアさえ開いてもらえなかったポッターさんでさえ開くとはさっすが魔法学校!!」グッ

一方通行「……同情する」

183 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/22(木) 14:19:18.03 ID:1d48UwXU0

変身術の教室

一方通行「マジで自動だったのな、あの教師いねェぞどこにも」キョロキョロ

上条「だな……あれ?その代わりに黒板の前の机に……」


猫「ニャーゴナリケルノ」


禁書目録「あ!猫なんだよみこと!」トテトテ ナデナデ

御坂「あ、ほんと……か、かわいい」プルプル


猫「ニャーンニアリシノヨ」


絹旗「かわぁかわかわいいいい超可愛いですね」トテトテ キラキラ

フレ「でもどうしてこんなとこに?結局可愛いからいいけど」

キャー カワイーーー ナデナデ  カーーワーーーイーーー


上条「女子が集まっていってますねー」ハハハ

土御門「……にゃー」

一方通行「いやお前のは口調だけだろ可愛いとは言われねェよ」

青ピ「ならばぼくのこのネコミミの出番やねー!」シュバッ

一方通行「余計キモイわ」

組み分け「……ふむ、よし。仕上はネコミミ属性は無いようだな」フー
浜面「んー、猫はいいとは思うけど別にってやめて頭の中覗くの」


猫「フミャーナリシヨ」ゴロゴロ


一方通行「……なンか鳴き声おかしくねェ?」

上条「?そうですか?」

一方通行「ンー、いや、なンとなくだが」ンー?

185 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/22(木) 14:36:26.22 ID:1d48UwXU0

禁書目録「アビシニアンだね!イギリス、またはエジプト、エチオピアが原産って言われてるかも」ナデナデ

御坂「ん?そういう種類なの?」

禁書目録「うん!毛色はルディだね!」

絹旗「黄褐色的に見えますけど……よく見ると超綺麗な色してますね」

禁書目録「被毛は一本の毛が3〜4色の濃淡に区切られていてね、太陽の下ではキラキラ輝いて一種の織物のようにも見えるの。「ティックドタビー」と呼ばれるこの模様は、アビシニアンの大きな特徴となっていますんだよ!」ナデナデ

御坂「なんか急に解説口調ねありがとう」

絹旗「なんだか普通の猫より、こう、超スマートっていいますか。高貴な感じです」ハー ナデナデ

フレ「その割にはなんだか撫でてても全然嫌がらないし」ナデナデ

禁書目録「そこがまたこの種の特徴かも!」

猫「フフンニャーナリシヨ」ゴロゴロ


一方通行「すっかり猫に夢中だな」

上条「あー、そろそろ授業始まりますのことよー女生徒さんたちー」ハハハ

土御門「けどにゃー先生まだ来てねーにゃーにゃー」ニャー

一方通行「キモイ……そォな、あの……」





一方通行「バカみてェな口調のアホ女な」

上条「梅干しダメ子さんですね」

青ピ「そーゆいなやー、ダメダメなお人もえーですやーん!」クネクネ

浜面「黙ってれば美人っぽいのになー、あの人。喋るともう」ハハハ

組み分け「……あー」ヤッベ



猫「……」

禁書目録「あ、あれ!?なんだか急に毛が逆立ったかも!?」

御坂「え!?わ、わたし電流流してないわよね!?!?」アレ!?

186 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越)[sage]:2011/09/22(木) 14:46:56.09 ID:datQzsHAO
浜面のセリフ見て思ったけど、“黙ってれば”美人な先生が多いよねホグワーツ

187 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/22(木) 14:52:29.13 ID:1d48UwXU0

一方通行「ってか、あの入学案内。お前らもあの女が書いたやつだったのか?」

土御門「そうだぜい、あの梅干し持込禁止をウザイくらい主張してきたあれだにゃー」

上条「一行ごとでしたねー」ハハハ

浜面「ほんとしつこかったよなー、読み辛いったらないし」ハハハ

組み分け「あー、し、仕上。ちょっとこう、黙っとこうかキミだけでも」

絹旗「っていうかその前の入学によせての件からもうアホ丸出しでしたよね、超真面目っぽい言葉なのに全然頭に入りませんでしたよ」

フレ「結局、こんなのが手紙書く学校って大丈夫なのかンダともすっごく迷った」

青ピ「そやねー、ホグワーツは名門やー聞いとったけどあれはないわぁー」


猫「……」

禁書目録「ね、猫ちゃーん?どうしちゃったんだよ?」ナデナデ

御坂「急にゴロゴロも言わなくなったわね、なんでかしら……私離れておく?」

禁書目録「みことの電流は関係ないかも……チョコたべる?あと一口はあるんだよー?」

御坂「いや動物にチョコはダメだって」


一方通行「ほンとにあンな女が教えるンで大丈夫なのかよこの授業」

上条「実際、もうすぐ始まりますけどまだ見えられませんしねー……」

土御門「入学の時に怒ってたわりに、校長と変わんねーぜよ遅刻するようじゃ」

青ピ「それは言いすぎやでーつっちー。でもまーほんまあれだけがーゆうとったのにねぇ」

組み分け「仕上、ちょい黙ろう、な。天才たる私を信じろ。ちょっとあの女のこと褒めておこう、な?」
浜面「うん?今んとこ褒めるところは見当たらねーよ組み分け」

絹旗「超変な人ですね」

フレ「結局ね」

ハッハッハッハッハ  ワイワイ ガヤガヤ

猫「」

188 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/22(木) 14:56:44.28 ID:1d48UwXU0

禁書目録「猫ー?んー……というか、あっちはなんだか先生を蔑み始めてるかも。ダメなんだよあんまりそういうこと言っちゃ」ムー

御坂「どこで聞いてるか分からないってのにもー。ねーちょっとあんたたちー……」


ジリリリリリリリリリリリリリリリリリリッ

一方通行「違いね……お?予鈴……」


猫「」ブルブルッ

禁書目録「?」


ポヒュン




ローラ「……」ビキビキビキッ



一方通行「」

上条「」

土御門「」

青ピ

組み分け「あー……」
浜面「」

絹旗「」

フレ「」

生徒s「」


禁書目録「!?ね、猫、が……」

御坂「」


189 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/22(木) 15:16:39.54 ID:1d48UwXU0
ローラ「……ローラ・スチュアート・マグゴナガルにありしよ」ビキビキッ

一方通行「……(やっべェ)」

ローラ「……随分と、好き勝手言ってくれにしことね」ビキビキビキッ

一方通行「……(めっちゃ切れて……いやそりゃそか)」

ローラ「……不届きなりしよね、影で教諭の悪口なりしなど。ここは」

一方通行「……(どうする、こンままじゃァまた減点じゃねェか!朝10点減ったばっかなのによォ!ってか減りっぱなしじゃねェか俺ら!そういえばさっきの『薬草学』でも!ここで減らすわけにはいかねェぞおい!!)」ギリッ

ローラ「……グリフィンドールから、じゅ」

一方通行「……(!!)」ピコーン!




一方通行「お、おいみンなァァァ!?あの猫どォしたァァ!?!?」

生徒s「!?」

ローラ「ってん……は?」

禁書目録「あ、アクセラレータ?それh」

一方通行「ほら、さっきそこにいたろォォ!?いなくなってンぞおい、あの……」




一方通行「か、かわいい猫がよォォ!!」

ローラ「か、かかかかわ!?お、おおおおおなごには言われ慣れにしけど」モジモジ

上条「!」ピコーン

上条「あ、ほんとだなー!さっきまでインデックスさんと美琴さんが撫でてたあのやんごとないオーラを纏ったいと雅からん見事な美猫さんはどこに行きましたのことですかー!?」アレェェェ!?

ローラ「や、やんごとない!?そこまでにありしの!?!?」カァァァァ

一方通行「(古語が有効打!)いとうるはしきかなってェのがぴったりな猫だったよなァァ!?」ナァァァ!?

上条「ですよねー!!らうたしきさまでしたよねー!」ナーーーー!!

ローラ「う、うるは、らうたし、あ、あの、そ、そこまで褒めにし!?褒めにしの!?!?」テレテレ



禁書目録「……必死なんだよ」

御坂「……息ぴったりねダブポタ」

190 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2011/09/22(木) 15:24:35.51 ID:lK4fLH7DO
オガクズめこういう台詞だけはスラスラとwwww

191 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/22(木) 15:41:51.71 ID:1d48UwXU0

土御門「(そういうことかにゃー)あーもったいなかったぜーい!俺も触っておくべきだったですたい!」

青ピ「(やるやないのお二人さん!)ごっつ可愛かったさかい、僕ら手もだせんかったんよねー!」

ローラ「あ、あれは私が変身していにしことっだったのよ、おのこたち」フフン

一方通行「えェェェェえええ!!マジっすか!?そういやァあの先生にもそういうなンか気品みてェなのが溢れてるっすもンねェ!」ヤッパリー!

上条「ですねぇぇぇえ!言われてみればあの美猫がごときオーラを先生も放っておいででございますのことよーまぶしい!先生まぶしい!!」ヨツ!


御坂「……あれほとんど馬鹿にしてない?」

禁書目録「露骨すぎるね、流石にこれには……」


ローラ「そ、そうかしらん」エヘヘ


御坂「……ちょろいわね」

禁書目録「……だね」


ローラ「『動物もどき<アニメーガス>』というてね?自分の自由意志で完全に動物の姿に変身して、元に戻れたりけるの。習得したら魔法省への登録が必要な、高度な術なりしなのん♪」フフン

一方通行「流石っすね先生ェェェえええ!!」パチパチパチパチパチパチッ

上条「拍手です!みなさん拍手ですのことよー!」パチパチパチパチパチパチ!!

絹旗「超リスペクトします!先生!」パチパチパチパチパチッ

フレ「結局副校長の名は伊達じゃなかったのね!」パチパチパチパチパチッ

ワーーーー!!!  センセー!!!  マジヤバイッスセンセー!!! パチパチパチパチパチッ!!!

ローラ「な、なんだか気分がよきことよー!グリフィンドールに15点あげたるわ!!」テレテレ




御坂「……あんなんで点数あげていいのかしら」

禁書目録「……多分ダメかも」


一方通行「……ハァ」グタッ

御坂「あいつ疲れてるし」

禁書目録「キャラじゃないことしたからだね。あとでチョコをあげよう」

御坂「逆餌付けか」

192 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/22(木) 16:06:55.37 ID:1d48UwXU0

パチパチパチパチパチパチパチパチ

組み分け「なるほど、褒めちぎってうやむやにしてしまうとは流石ダブポタ。天才たる私に迫るとも違わぬ才能だな」フフフ
浜面「お前も褒めろーって言ってたもんなー、さすがだなー天才」

組み分け「……え!?!?わた、私かい!?今私に天才っつったかい!?!?」
浜面「?そりゃお前にだろ。よーし俺もなんか」スクッ



組み分け「あ、っはっはっはっは何さいまさらキミに言われずともだね天才たる私はそりゃぁ天才であってねそのね……って、ま、待て仕上しまったちょっと待てその台詞はダメだしまったまてーーーー!!!」


浜面「よっ!個性的な喋り方!」ハハハ

ローラ「20点減点」ビキッ

一方通行「!?!?!?」

上条「はぁぁぁまづらくぅぅぅぅぅん!?!?!?」

浜面「はは……えぇええええ!?!?!?」

ローラ「あとそこの帽子、そちに永久に任せたるから。絶対に引き取らんから。決めたりけることよたった今」ビキビキッ

浜面「永久に!?!?」

土御門「なにやってんだにゃー浜面ーーー!!」

青ピ「そやでーー!せっかくせんせが機嫌治しはってくれたーゆーのにーーー!!」

浜面「だ、だって、だってさぁ!!」

ローラ「……授業はじめたるわよ。まったく、おのこに褒められたと舞い上がりすぎにしよ私たることが。あんなもお世辞に決まっとるわよねもう」

上条「え?あ、いや別に機嫌直してほしかったのはありましたけど、口からでまかせってわけじゃないですのことよ先生、先生お綺麗ですし。な、アクセラレータ」

一方通行「俺にふンな」

ローラ「え、な、あああ」カァァ




御坂「」ビキビキッ  ビリビリッ パリッ

禁書目録「とうまーーー!!こっち!!こっちにも大至急お願いするんだよー!!」キャーーーー!

193 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2011/09/22(木) 16:17:32.97 ID:wSyd6J0IO
オガクズェ……

194 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/22(木) 16:22:51.88 ID:1d48UwXU0

ローラ「コホン。ンッンー。おはこんばんにちわにありけるの、グリフィンドールのわらしたち。紆余錯節ありしだったけれど、授業を始めたるわそろそろ」

一方通行「確実にこンにちわでいいと思いますここの生徒に向けてならば」

上条「美琴さん落ち着きましたかー?」

御坂「え、うん。えへへ」

禁書目録「とうまに『美琴だって十分可愛いだろ』と一言言われただけでデレっでれなんだよ」

ローラ「私語は止めにしことね。この『変身術』は、ホグワーツで学ぶ魔法の中でも最も危険で複雑なものの一つにありしなの。だから、いい加減な態度たれば出て行ってもらって二度と入れなきことよ?分かったかしら?」

一方通行「……おォ、もの凄くまともな台詞だ。それで行ってください、どうぞ」

ローラ「……か、かと言ってウメを持って脅しに来たらダメよ?ダメにしよ??お願いね??」ビクビク

一方通行「……ダメだァ」ハァ

禁書目録「惜しかったね」

ローラ「もしもこの教室で梅干しの一個、種のひとかけらでも目にしたることあれば。私はそち達全員を毛じらみとかに変えかねんほど暴れたるからね?頼みたるわよ?」

上条「御坂さんさっきの小瓶を鞄から絶対死守で」

御坂「変態ツインズいつか潰す」ガシッ


195 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2011/09/22(木) 16:24:48.11 ID:Tn4yuJUE0
ローラさんマジ乙女

196 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/22(木) 16:51:27.07 ID:1d48UwXU0

ローラ「〜〜〜〜、豚にな〜れ、にありしよん♪」ヒョヒョイッ

ヒュルンッ ボテッ  ブキィーーピギィーーー!!

オォオオオオオ!!!

一方通行「おォ……机が」

禁書目録「すっごいかも!大きい豚になったんだよ!」キラキラ

ローラ「ま、私ほどなれば無機物から有機物だってなんでもござれにありしの。っと言うてもこれにだって絶対的な制約や方式あしりなのだけれど。っと、〜〜〜〜〜〜」ヒョイッ

ヒュルンッ  ガタンッ

ワァァァァ!!パチパチパチパチ

上条「元の通りの机になりましたね」パチパチパチ

御坂「豚から机に戻るとこをコマ送りにしてみたいわービデオに撮りたいわー」パチパチパチ

一方通行「ビデオてお前今時」

ローラ「どうもどうもよ。さてさて、こんな高度なことさえやってのけたる『変身術』たるのだけれど、何事も段階というものがありしこと。とりあえずみなにはひと時、形成変化と形質変化の理論をノートにとってもらいたるわ。そのあと、マッチ棒を配り……あら?マッチ箱……あー、あすこなりしのね。えっと、上条ポッター?こんなことを英雄に頼みたるのはちょっと気が引けんことなりしなのだけれど、とってもらえたるかしら?」ニコッ

上条「いえいえせんせー、このくらいなんでもないのですことよ。えっと、マッチですね」スクッ

禁書目録「すっかり気に入られてるっぽいかも」

御坂「……やっぱり小瓶の中身ぶちまけようかしら」イラッ

一方通行「待て待て……って、おい。待て。待て待て待て待て!!マッチ箱だァ!?ンなもンにあいつが近づいたr」




ボワァアアアアッッッ!!!

上条「う、うわぁあああ!?!?窓際においてあったマッチ箱を動かしたら近くにあった水瓶によって集められた日光で火がぁぁあああ!?!?!?!?!?」


ローラ「えぇえええ!?!?そ、そんなもの置きたりた覚えなきにしよーーー!?!?」


ウワァァアア!キャーーーーー!! キャーーーー!!

一方通行「……『八点鐘』面白いよな」遠い目

禁書目録「二番目の『水瓶』だね。アルセーヌ名乗らない系で一番好きかも『八点鐘』」遠い目

御坂「ちょっと、そういう会話しないでよ置いてけぼりよ知らないから」

ローラ「な、慣れている!?!?あなたたち少しは慌てたりなさい!!!!あ、アクアm……」

御坂「きゃー(棒)」スッ  ポイッ

ローラ「!?!?!?!?ひぎゃぁああああああああ!!!ウメはダメにしよおおおおおおお!!!」



ギャァァアアアアアア!!! ワァアアアアアアア!!!!ウワァァアアア!!





一方通行「……ほらな」

禁書目録「しょうもないことになったねやっぱり」

一方通行「収まるまで後ろにいろな、あと途中ツッコミご苦労。ほれチョコをやろう」

禁書目録「わーい!」ガプッ


197 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/22(木) 16:59:22.42 ID:1d48UwXU0
そんなこんなでローラのターン終了です

変身術のマグゴナガルてんてーはポッター以外にも信頼関係だったりが結構あるのでここではこんな感じにしてみましたが、やっぱりオガクズは不幸でしたあ不幸だー言わせ忘れてた不幸だー!

この後は木原スネイプてんてー、そして久しぶりにある人がでますフォイ誰なのかはお楽しみにですフォイ

199 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東・甲信越)[sage]:2011/09/22(木) 17:13:42.37 ID:datQzsHAO
あの人……一体どんなマザコン野郎なんだフォイ?

213 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[sage]:2011/09/22(木) 20:20:16.31 ID:iN0NFMFro
ローラ可愛い……
ここの女教師は本当にハズレがいねえなあ畜生

214 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(香川県)[sage]:2011/09/22(木) 20:25:56.03 ID:k1WyFInj0
猫ローラてんてーをなでなでしたいお

216 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[sage]:2011/09/22(木) 21:12:50.66 ID:1d48UwXU0

御坂「おめでとう、これで晴れて軍の狗だ」

一方通行「てめェの背負う二つ名は『放火魔』」

禁書目録「『放火魔のオガクズ』!」

上条「!……いいねその重っ苦しい感じ。背負ってやろうじゃねーnお黙りくださいマジで重いだけです重いだけですのことよ」

一方通行「まァ事故みてェなもンだからお咎めなしだけどな」

禁書目録「全部水瓶が悪いもんね、古典的発火トリックだもんね」

御坂「まさかあんな偶然がおきるだなんてねー。さっすが不幸体質」ハハハ

上条「ああいうのって徐々に着くんじゃないんですか?一瞬でつきましたのことよマッチ箱に」シクシク

一方通行「よっぽどジャストな位置にジャストなタイミングだったンだろうな。焦点位置にぴったりと」

禁書目録「ある意味すごいんだよ」

上条「そのすごいことが一度でいいんでよい方面で活かせないかなーとポッターさん思いつめてもう十余年になります」

御坂「まー実習が潰れてノートをとるだけで終わったしラッキーといえばラッキーじゃない?」

一方通行「一本だけ残ったマッチであの教師がやったが、見事に銀の針に変わってたな」

禁書目録「形質と形成変化!あの理論をばっちり理解できていればあれが可能になるわけだね!頑張らなきゃ!」フンス

一方通行「手パンでさっとできりゃァなァ」

上条「……それポッターさん絶対むりじゃないですか」

御坂「あ、階段来たわよ。地下の教室は初めてねー」

一方通行「おォ……『魔法薬学』、だな」

217 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸)[sage]:2011/09/22(木) 21:21:54.76 ID:y22y8hVAO
ハガレンwwww

219 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[sage]:2011/09/22(木) 21:28:33.79 ID:1d48UwXU0

地下

一方通行「十余年てお前11だろずっと考えてンのかよ」ツカッツカッ

上条「言葉のあやと言うかなんといいいますか、いいじゃないですか語呂がいいでしょうよ十余年」

禁書目録「たまに難しい言い回ししようとして突っ込まれるとうまかも」

御坂「下手な真似はやめておきなさいっていうことよねー」



絹旗「あ、ダブポタご一行も来られましたか」

フレ「終業後に残って片付け手伝ってもんね英雄。それより結局大変、うちのと、スリザリンが……」

一方通行「……あァ?」


土御門「だから、何度も言ってるぜよ。ぶつかってきたのはそっち、現に押された浜面は前のめりに倒れてんじゃねーか」

組み分け「天才たる私の天才たる機敏な動きで叩きつけられずにすんだがな」
浜面「ありがとう組み分け……謝れよお前ら!!」

スリザリン生1「なぁんねおぃが悪いゆぃのけー!?」

スリザリン生2「たけちゃんなー普通に歩いちょったがよ!」

スリザリン生3「じゃっどじゃっど!ぶつかっちきよったんわそっちじゃ!」


一方通行「……また頭の痛くなる喋り方が」ハァァァァ

禁書目録「どこか日本の端っこあたりの言葉っぽいね!」

一方通行「一応ここは英国で俺達英語で喋ってるってことになってンだろどうなンだそのへン……あァー」




一方通行「おい、そのへンにしとけ」

垣根「おいおい、スリザリンの品位を下げるような真似はやめとけよ。グリフィンのよい子ちゃんどもは初めての地下教室にびびってんだろうさ」





垣根「……てめぇは」

一方通行「……フォイフォイ野郎」

垣根「黙れ」ビキビキッ

220 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[sage]:2011/09/22(木) 21:36:32.89 ID:LTk+geqao
DQNがこんなところで来るとは予想外

221 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[sage]:2011/09/22(木) 21:59:41.02 ID:1d48UwXU0

スリザリン1「か、かっきねさん!!」

垣根「垣根だ垣根、お前ら下がってろ」

スリザリン3「だ、だげどぉかっきねさん……」

スリザリン2「や、やめ」

垣根「お、れ、が。下がってろって言ってんのが聞こえねーの?お前ら何様だ?あぁ?」

スリザリン1「!す、すいません」コソコソ


御坂「……もう力関係が出来上がってる」

禁書目録「あんなだったけど、やっぱり名家っていうのは強いのかも」


垣根「さーて……そーだったなー。良い子ちゃんのダブポタ様は揃ってグリフィンだったっけーおい」

一方通行「てめェまでダブポタとか言ってンなよこらフォイフォイ野郎が語尾にフォイはどォした負け犬」

垣根「うるせぇってんだ、もうあの時みたいな真似ができると思うなよこら」

サッ

ゴーグル「……(あー、やっぱ垣根さんトイレ行く途中にこけたとか行ってたスけど)」

砂皿「……(ダブポタに返り討ちにされていたのか)」

心理定規「……(着く人間違えたかなぁ)」

垣根「な、おいこらなんか不穏な空気やめろよ」

一方通行「……なァンですかァ?お山の大将になって取り巻きが出来て、ご満悦ですかフォイフォイ君よォ」

垣根「帝督・垣根・マルフォイだっつってんだろが」

一方通行「ってかなにお前しゃしゃり出てきてンだよ、こっちのがぶつかられたってンだかろそこの歯抜けに謝らせりゃすむ話だろが引っ込め」

垣根「はぁ?スリザリンの高貴な人間がそんな真似するかよ良い格好しーのグリフィンドールじゃあるまいしよぉ」

一方通行「いやさっきてめェも止めようとしてたろうがよ」

垣根「しらねーな、お前こそ引っ込んでろ真っ白けぶっとばすぞ」

一方通行「あァァ?」ビキッ

垣根「おーっといいのかー?この場がどこか分かってるよなー?スリザリンの寮からそう離れてねぇ、騒ぎを起こせばこっちの監督生が飛んでくるぜ?そうなりゃそのお人は……自分とこの寮生とグリフィンの糞の意見、どっちを聞くとおもう?」ニヤッ

一方通行「……下衆が」チッ

垣根「したたか、と呼べよ。蛇みてぇにな」カカカ

223 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[sage]:2011/09/22(木) 22:17:03.80 ID:1d48UwXU0

垣根「……とまぁ、別に喧嘩を売りたいわけじゃねー。ぶっちゃけこっちのとそっちのクズの小競り合いなんてどーだっていいんだわ。挨拶、ってやつか。よぉ、英雄さん」

上条「……どうも」

垣根「そっちゃどうよ?魔法界の何たるかは学べたかー?」

上条「いや、毎日過ごすので精一杯のことですよ」

垣根「……っぷ、はっはっはっは!おいおい英雄を獲得しておいてなんてざまだグリフィンドール!どうしてあんたをもっと良い家系のやつとつき合わせてやらねー!?そっちにだってましなの一人くらいいんだろがよ。それがなんだまt」

一方通行「おいマザコンしかとこいてンなこら」

垣根「……俺は今英雄と喋ってんだけどなぁ、邪魔しねーでくんねー?偽ポッターがよぉ」

一方通行「てめェみてェな下衆と喋るのは俺で十分なンだよ糞が。さっさと用件、ンで消えろボケ」

垣根「ざぁんねん、『魔法薬学』はスリザリンとグリフィンドールは合同なんだよ真っ白け……今ならあの時の言葉は無かったことにして、俺と組むのを受け入れてや」

上条「お断りだ」

一方通行「だそうだ」

上条「お断りです」

一方通行「……だそうd」

上条「お断りします!!AA略」

一方通行「くどい」

垣根「……後悔するぜ。いつかあんたは絶対に自覚するんだろうよ、自分が何も持っていないことを。権力に押しつぶされる英雄、そのくらいの歴史は学んでらーな?マグルで育ったあんたもよー」

上条「……」







上条「……黙れフォイ!!!!」

一方通行「」ブッハーーー!

禁書目録「」ブッハーーーー!!

御坂「」ブッハーーーーーー!!!

垣根「あ、あぁあああ!?!?」ビキビキビキビキッ

224 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[sage]:2011/09/22(木) 22:18:41.83 ID:iN0NFMFro
上条さん絶好調wwwwww

225 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2011/09/22(木) 22:23:53.24 ID:zIKAlYEgo
ここでキレちゃうあたりかっきねさん小物臭してくるよー

226 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[sage]:2011/09/22(木) 22:29:32.21 ID:1d48UwXU0

上条「黙るフォーーーイ!!フォイフォイフォフォーーーーーーイ!!!!」


ップ……   フォイ  プルプル クスクス

上条「うけた」ヤッタ

垣根「お、おっま、おまえ」

ゴーグル「……っ」プルプルプル

砂皿「……」ギューーーーッ

心理定規「〜〜〜〜」ダンダンダンッ

垣根「笑い堪えきれてねーよゴーグルお前制服破けんぞ砂皿そしてそんなにか床にはいつくばって拳で叩くほどかメジャーハート」

一方通行「ざァンねンでしたねェ、二回目の告白も棒に振られて」ケタケタ

垣根「あ、あぁぁあ!?」

御坂「っ!?」ピクッ

禁書目録「みこと」

御坂「!あ、大丈夫。全然大丈夫、平気」

上条「あんたさ、悲しいよな。あんたの家柄だけで集まったのを引き連れてさ、ドヤ顔でフォイ」

ブッ  クスクスクス

一方通行「……お前のかァちゃンもそンなンじゃきっと困るフォイ」

ブッハ   クスクス  プルプル

上条「……紹介する時どうすんだ?これ、おれの子分です、って言うのか?そんなんで丸く収まるフォイ?」

ブッハーーー!  ダンダンダンダンッ!!

垣根「て、てんめ、てんめぇえぇええらあああ!!大概にしとけよなにがフォイだk」

アッハハハハハハハハ!!!  ホンニン!!!ホンニン!!!!

垣根「うっるせぇぇえええ外野ぁあああ!!」


227 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[sage]:2011/09/22(木) 22:40:27.06 ID:1d48UwXU0

垣根「っっ!!くそ!やりづれぇったらねー!おいこらダブポタ、このケリはいつかつけっからな」ハッ

一方通行「おォ、覚悟が出来たらかかってこいや」

上条「けっこうアッサリひきましたのことですねフォイ」

禁書目録「うん、そろそろ授業dブッハー」プルプル

御坂「あんたいつまでそ、そrブッハー」プルプルプル

上条「……いいぜ!!俺が友達を捨てて名家だとかなんとかいうのを選ぶって本気で思ってるってんなら!まずはそのふざけた幻想をフォイフォイフォイフォフォイフォイフォフォーーーーーーーイ!!!!」ドヤァァァ

フォイwwwww アヤマンwwww  ゲラゲラゲラ

垣根「う、うっぜぇええええ英雄……は、っはん!!お前らグリフィンドールは笑ってるがなぁ!!この後の授業じゃほえ面かくことが決まってんだよざまぁみやがれ糞が!」

一方通行「なンだそりゃ」

垣根「俺たちはよー、昨日の一時限目は事前授業で木原先生のだった。そこでなー、今日抜き打ちで質問するような事柄ってーのを教えてもらってんのさスリザリン生はーーー!!」バーーーン!!!

一方通行「はァ!?き、汚ェェってか抜き打ちじゃねェェェ」ウゼェェェエエエ

御坂「そこまでしてグリフィンをいじめたいのね木原教授って」

禁書目録「ケモナーな上に陰湿かも!」

垣根「はっはっは!用意周到なのはスリザリンの美徳d……け、ケモナー?マジで?」

228 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[sage]:2011/09/22(木) 22:52:39.07 ID:1d48UwXU0

垣根「マジでか……そういや昨日ふくろう追っかけて飛び降りてたようにも見えたな……マジか……いや、まぁその、その辺りは置いとくわ今」

一方通行「……ってェかよ、お前教科書大体読み通したなァ?」

禁書目録「うん!大体の基本的な質問なら答えられるし、その他の内容だって……」

垣根「はっはっはー!甘い甘い!!先生は教科書に載ってるだけじゃなくて独自の方法の一つを俺達に伝授してくれてんだよー!それだきゃ絶対答えられないだろうぜ!!」

御坂「うわ、卑怯ねほんと」

垣根「なんとでも言え!俺達はなー!!」




垣根「『催眠豆』は銀色の小刀の平たい面で潰した方が多く汁が取れるってことを!!!もう知って……ハッ!?!?!?!?!?」

一方通行「……バカだ」

上条「あ、バカの方でしたか」

御坂「……バカねー」

禁書目録「……舞い上がっちゃったのかも」

ザワザワ ザワザワ サイミンマメ? コガタナ…… オボエタオボエタ ザワザワ


垣根「……どうしよう」クルッ

ゴーグル「どうしようもねーっス。バカだったんスね垣根さん」ハァァァ

砂皿「……バカの極み」ハァァァァ

心理定規「バカるフォイ」ププッ

垣根「そ、そんnメジャーハートてめぇ女だからってなてめぇ」



ギィィィッ

木原「あーあー、ピーチクパーチクうるせーなージャリどもは」

木原「(百合子の息子百合子の息子いやむしろ百合子百合子百合子百合子百合子……)」ドクワキワクドキテカ

229 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2011/09/22(木) 23:03:51.12 ID:Tn4yuJUE0
ロリメジャーハート可愛いな〜

床に這いつくばって拳で叩くほど笑う

ロリメジャーハート可愛い

230 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[sage]:2011/09/22(木) 23:11:44.89 ID:1d48UwXU0

地下牢教室

木原「全員揃ったなー?各テーブル、四人組みだ」


禁書目録「私達はもちろん四人組だね!みことうまァクセラレータ!」ニコッ

一方通行「繋げンな」

御坂「い、いいじゃないそれ!私もついに一員よ」グッ

上条「そんな気にすることでも……」


木原「そこー!まだ鍋触るなよ、おとなしく席つけー」


一方通行「まァよォ、俺らが一番前の席に指定されてンのはいい」

上条「ポッター席はここって、何故か黒板にポッターさんだけ書かれてました」

禁書目録「とうまの腕前とかに期待してる、のかも?」

御坂「うん……」


木原「いやーやっぱここはいーなー!教卓じゃなくてこっちで席つくのを待って正解だなおいいい!広い地下牢教室の隅まで見えっしよぉお!!おらそこぉおお!あぶれたならどっか適当に組め!!!さっさとしかしゆっくりてきぱきと迅速に落ち着いてなるべく時間かけてけこらああああ!!」


一方通行「……」




一方通行「なンでおのおっさン、俺らのテーブルの上に乗ってンだよ」ヒソヒソ

上条「知りませんよしかもさっきからなんだか意味のよく分からないこと言ってますし」ヒソヒソ

御坂「そのせいでみんな混乱して席に着くのが遅れてるのよね」

禁書目録「あ、あんまり大きい声だしちゃダメ、こっち見るかも」ヒソヒソ



木原「(っくぅぅううううう!!!真上から見る百合子の息子ってか百合子アングルやっべぇええええぜええええええ!!!)」

232 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県)[sage]:2011/09/22(木) 23:20:54.79 ID:C4CVMpYt0
木原くンも安定の変態だなwwwwwwww

233 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(群馬県)[sage]:2011/09/22(木) 23:22:51.72 ID:a9tBJBXg0
ってか木原くンの頭の中こそやべぇええええだろ

235 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[sage]:2011/09/22(木) 23:25:02.43 ID:1d48UwXU0

木原「数多・木原・スネイプだ。このクラスでテメェらは……あぁ待て待て、趣味、そうだ趣味を言ってねぇ。趣味は魔法薬作りだ、あとこの刺青はあれだ、事故でな。趣味じゃねぇそこんとお覚えとけジャリども」

一方通行「……なンだこいつ」

木原「このクラスでてm……待て、そうだ出席!出席をとらねぇといけねぇなぁああ!!そうだなぁああえぇええ!?!?」パカッ ワクワク

禁書目録「怖いかも……あ、名簿開いたね」

木原「そんじゃまず。ぽ、ぽ…………ぽ?……ポッタァアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!」ビキビキビキビキッ ワナワナワナ

一方通行「」ビクッ

上条「」ビクッ

木原「……あぁ、すまねぇな。昔のトラウマでちょっと。アクセラレータ・ポッター?」ジーーーーーーーーッ

一方通行「……はィ」

木原「……よし」パタンッ

御坂「……閉じた!?」

上条「ってかなんでアクセラレータから!?そしてだけ!?」

木原「それで、この授業でh」

垣根「せ、先生!?他の生徒はどうs」

木原「俺がルールだ、そうだな?」

垣根「……はい」ストン




一方通行「……なンなンだこいつマジでなンなンだ」コェェェェ

禁書目録「あ、訳分からなすぎて怖くなってきたね?私もかも」コワインダヨ

236 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2011/09/22(木) 23:34:34.97 ID:Igdg+DQT0
木原くンの安定した不安定感

237 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/22(木) 23:36:33.51 ID:1d48UwXU0

木原「この授業でテメェらは、魔法薬調剤の微妙なそして厳密な芸術を学ぶ」

木原「(昨日寝ずに考えてきたスピーチだ……決めるぜぇぇぇ)」キリッ


一方通行「……声がいきなり小さくなったな」

禁書目録「……?凄みを出そうとしてるのかな?」

御坂「さっきまであんなにハイテンションだったのにね」

上条「異常性欲者の考えることは分かりませんのことよ」


木原「杖を振り回すような馬鹿げたこたぁしねぇ、んなもん猿にだってできらぁ。サルっとな」

木原「(そしてここで唐突なボケ!!どうだ!!どっかんどっかんだろ!!)」


ア、アハハ……

土御門「……青ピくん、今のは関西弁的に何点だにゃー?」

青ピ「はりせん出す呪文て何年で覚えられるんやろ、今ならぼく開眼できそうや習わなくとも」イラッ

組み分け「あっはっはっはっは!!天才たるギャグだな!天才たる私は分かる、分かるよ木原!」アッハッハ
浜面「俺よく分からねーや」


木原「(ちょっと高度すぎたか……?いや、これからだ)」ニヤリ

240 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2011/09/22(木) 23:46:46.32 ID:zmI3tpiIO
木原のこの感じ……見に覚えがあるぞ
初めて友達ができたはいいが、接し方が分からないからとりあえずテンション上げたら周りが一気に白けるんだよ

242 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/22(木) 23:53:47.13 ID:1d48UwXU0

木原「そんなんで魔法なのかってー思う奴もいんだろ、この中にはよー。ハッ、テメェらに理解してもらおうとも思わないし理解できるとも、思わねぇ。フツフツと湧く大釜、ユラユラと立ち上る湯気、人の血管の中を這い巡る液体の繊細な力、心を惑わせ、感覚を狂わせる魔力……テメェらにゃ到底、たどりつけねぇだろう。だが、この俺なら少しは手にする夢を見せてやれるかもしれねぇ」

木原「(そしてこの詩的な台詞!!どうだ!!!惚れるd惚れ!?マジかおいおいおい!!)」フゥゥゥッ!!


一方通行「……何を言いたいンだこれ」

禁書目録「んっと……色々あるけど、自分じゃちょっとしか教えてあげられない、ってことかも」

一方通行「だよな、え?ダメじゃね?こいつ教師だろ?ダメだろそれ」



木原「俺が教えるのはよぉ、名声を瓶詰めにし、栄光を醸造し、死にさえ蓋をする方法――そんなものすげぇもんだ。まぁ?テメェらが、俺がこれまで教えてきたウスノロどもよりもましならってぇ話だけどよー……」

木原「(詩的な台詞のたたみがけ!!しかもミステリアスな誘いのオンパレード!やったね数多ん幸せgうるせぇそんなもんいらねぇ百合子をよこせ!よーし、よーーーし、いいぞーー俺!!)」


一方通行「……訳わからン」

禁書目録「まー結構原文まんまなんだよごめんなさい」

一方通行「黙れ」

御坂「なんか生徒をディスり始めたわね」

上条「あ、なんか不幸な気配がする。ポッターさん仲間を見つけている気がする」ナンダロウ?


7243 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/23(金) 00:03:52.67 ID:LR6UoDUX0

木原「(よーし、よーーーーし。演説はばっちり、いいいい感じで場が暖まったぞおおおおい!)」

木原「(ここでだな……あの百合子の息子、いやもう寧ろ百合子。ゆり、ゆ、ゆゆゆ百合子に質問をする!)」

木原「(アスフォデルの球根の粉末にニガヨモギを煎じたものは何になるか、これでいこう)」

木原「(百合子、は答えられねぇだろうよ、かぁぁあわいそうにマグルのとこで育てられてんだからなああちくしょおおお!!)」

木原「(しっかーし、そこで俺はすかさず、スリザリンの生徒に当てなおす!)」

木原「(あいつらには昨日のうちに徹底的に教え込んだからなぁあああ!!)」

木原「(するっとー……)」



木原「(木原くんの指導力マジ半端ねぇえええええってなるだろうがぁああああああ!!!!)」バーーーーーーン!!!

木原「(百合子、の寮監になれなかったのは残念だが、これで俺がどれだけ有能な教師かってぇことも示してやんよおおおおお!!!)」

木原「(やっばいぜえええ俺ええええ!!これ本当に惚れ……マジでかーーー!!)」バンバンバンバンッ!!!

ビクッ!!

禁書目録「だ、黙ったと思ってたらいきなり黒板を叩き始めたんだよ……」

一方通行「……なァ俺帰っていいか?なァンか俺自身まで目ェつけられてるっぽいンだけどよォ」

上条「落ち着け、大丈夫だって……たぶん」

御坂「が、がんばりなさい」グッ

一方通行「なンだその無責任な応援……」



木原「ぽ、ぽっぽ、ぽぽぽ……スーーー、ハーーーーーー。ポッター!」

一方通行「(なンで一々どもるンだ)……はィ」

244 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/23(金) 00:16:30.71 ID:LR6UoDUX0

木原「今から、だな。質問すっから答えてみろ」

木原「(うおおおおおおお!やっべぇえええ!!!間近で真正面見るとこれマジ百合子だやべええええええ)」

一方通行「……まだ何も習ってねェですけど」

垣根「なんだなんだー!?逃げるのかよ真っ白けー!!」

ハハハハハハハハハハッ ゲラゲラゲラ

木原「おいおいあんまり煽るな、自分達が出来るからってよぉ」

木原「(俺が教えたんだぜ?俺が!なぁなぁ!!)」

一方通行「……チッ」

木原「(舌打ち!!っくっそーー!カメラに撮りてぇええええ!!)」

木原「……じゃぁ、聞くぞ」




木原「アスフォデルの球根の粉末にニガヨモギを煎じたものは何になる??」

一方通行「……『生ける屍の』……アー?」

禁書目録「みずぐすり」ヒソヒソ

一方通行「おォ、助かった……『生きる屍の水薬』、です」

木原「」

スリザリン生徒「」

土御門「いいにゃーー!!アクセラポッター!!」

絹旗「さすが超グリフィン代表です!!」

イイゾイイゾーーーー!! アクセラーーー!!

木原「(流石すぎるぜ流石百合子の息子いやむしろ百合子おおおおおおお!!!)」

垣根「インチキだ!!!今後ろのちっこいのが何か言ってたぞ!!なぁお前ら!!!」

ソウダソウダーーー!!!

禁書目録「ち、ちがうもん!!!アクセラレータはちゃんと分かってたもん!!!」

一方通行「いや、まァちょっと自信なくて見ちまったのは確かだしな」

木原「(そして謙虚おおおおおお!!!うおおおおお!!……っていかんいかん、これじゃダメじゃねぇか)」

木原「ほぉ?分かってたが当たり前すぎてご友人の見識を確かめてみたってかぁ?んじゃぁ、もう一問、とびっきり難しいもんだ。いいな?」

一方通行「……どォぞ」

垣根「……あ」

禁書目録「あれかな?」

上条「でしょうね」

御坂「そうよねーきっと」

245 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/23(金) 00:25:59.99 ID:LR6UoDUX0

木原「『催眠豆』から刻む以上に汁を採取する方法、あげてみやがれ!!!」

木原「(っはっはははははは!!これは俺のオリジナル!俺と、あとは昨日教えたスリザリンのジャリどもしか知らねぇ!!よーし、よしよしよしよし!!!これで……)」

一方通行「……銀の小刀の平たい面で潰す」

木原「」

スリザリン生「……」

垣根「……」

青ピ「さっすがアクやーーーーん!!!」

フレ「まあ今のは結局誰かさんがさっき大声で言ったお陰でグリフィン誰でも答えられる問題だったけどー!」

ワァァァアア! ヤンヤヤンヤ!!


木原「……」

垣根「……」

スリザリン生徒「」



木原「……」クルッ


スリザリン生徒「……」サッ ユビサシッ  →  垣根「……」


木原「……」

垣根「……す、すいま、すいませn」

木原「スリザリンから5点減点」ムスーーーーーーッ

垣根「ちょ、せ、先生!!自分の寮からなにもこんなことd」

木原「こんなことだぁああああ!?!?!?そのために俺が俺だけの秘伝をわざわざ教えたのになぁぁあああああに考えてんだてめえええええええええ!!!誰だっけぇええ!?!!?!?!?フォイフォイ君だっけぇえええ!?!?!?」

垣根「ま、マルフォイですがーーーー!!!」ウワァァァン!!


一方通行「……まともな授業が何一つねェなここ」


246 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/23(金) 00:33:02.52 ID:LR6UoDUX0

上条「あれから結局木原せんせーは物凄く落ち込みまして」

御坂「材料とそれがある場所と調合方法を黒板に殴り書きして」

禁書目録「口早に説明したあと」

一方通行「教卓でふて寝始めやがったな」

上条「そこまでグリフィンをいじめたかったのでせうか……」ハハハ

禁書目録「でもアクセラレータは負けなかったね!凄いかも!よく覚えてたね『生ける屍の水薬』!」

一方通行「あァ、でもまァちょいあやふやだったしな。助かった、ほれ」ガポッ

禁書目録「!わーい!」モキュモキュ

御坂「あ、あんた調合する時に……」



木原「薬の調合中は飲食禁止だ!ぽ、ぽぽポッター!!」モゴモゴモゴモゴ

一方通行「!?お、おォ。じゃなくて、わかりまし、た」

上条「……組んだ腕の間から見ていたのことですね」

御坂「いや、ひょっとしたらあれは振りで、それでも真面目にやってるか見るためになにか細工をしてるんじゃない?」

禁書目録「あの状態からでも教室全体が見渡せる仕掛け……ありえるかもね、ホグワーツの先生だもん!」

ミエテルンダッテサ?  マジデ  スゴイナー  マジメニヤロウ  ザワザワザワ



木原「(……なんかざわついてんな。でもまぁ百合子の息子、いやむしろ百合子見えるからこれでいいわ)」

247 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/23(金) 00:44:19.72 ID:LR6UoDUX0

上条「えっとぉ、あとは、この茹でた角ナメクジをあれする……」

御坂「あ、あんたは置いておいて!鍋に入れるときは私がするから!刻むことに集中!!」

上条「え、あのでももう刻むものなにも……」

御坂「だったら私の応援でもしときなさい!とにかく二人一組で今日はやるんだからあんたは鍋に近づかない!!」ビシッ!

上条「……美琴さんおっとこまえー」ファイトーッ

御坂「ま、まっかせなさいよ!!」フンス!!


一方通行「単純だなあいつ」

禁書目録「単純と言えば、あとは攪拌するだけなんだよ。『おできを治す薬』」

一方通行「おォ、余裕だったな」

禁書目録「干しイラクサが食べたくて仕方なかったけどね!」クーーーー

一方通行「草食おうとすンな」

禁書目録「だってさっきお預けくらってるんだよ!?おなかぺこぺこになっちゃったかも!!」モー!クーーーーー

一方通行「あとでなァ。ほら、かき混ぜるぞ」

禁書目録「ほんと?うん!」イソイソ




木原「(楽しそうだなぁぁあ百合子の息子いやむしろ百合子)」

木原「(そしてダメだったなぁ俺……ダメすぎだろ、最後の最後でよぉ)」

木原「(……いやまてよ、それまではまぁ完璧だったぁなぁ?)」

木原「(するってぇと……もしかして百合子の息子いやむしろ百合子的には総合点でギリ合格だったくさくね?)」

木原「(いや、ってか全然無問題でオールオーケーなんじゃね!?!?)」

木原「(……た、たしかめて、みるしかねぇよな)」ゴクリ

木原「(よーし、気合いれてけー。でれでれしねーよーにしないとなー周りへのイメージとかもあっかんなー)」スクッ



一方通行「あとは、また4分後に……お?」

禁書目録「ふぃー……あれ、せんせーが立ち上がったね」

木原「……おい、ぽ、ぽぽポッター」

一方通行「……はァ」

249 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/23(金) 00:56:12.44 ID:LR6UoDUX0

木原「お前……俺を、どう思う」

一方通行「……は?」


御坂「っ!?!?」グリッ ガタッ

上条「うえぁぁっ!?美琴さん鍋倒れますのことでああっちいたああああいいいい!!!」ジュウウウウウウウウ

御坂「あ、ごごっごごごっめん!!」アセアセ


一方通行「あ、あァ?あの、質問の意味がよく分かンねェ、分からないンですがァ……?」

禁書目録「……変態さん?」ヒキッ

木原「あ、いやー別に意味はねぇ。グリフィンの奴らは今日始めてちゃんと話すだろうがぁ?とりあえず俺はあのグリフィンの奴で名前知ってるのはお、おおおお前だけだからよぉ!聞いてみただけだ誰でもよかったんだがなーーー!!」ハッハッハー!

一方通行「……」

上条「そりゃそうですのことよ出席確認でアクセラレータしか呼びませんでしたからねしかしあつかった」ジャァァァァアァッ

御坂「ごめんね、ごめんね」


木原「正直にでいいぞ?成績には関係ねーからな。む、むしろ場合によっちゃだな」ドキワクテカワク

一方通行「……そォっすね」





一方通行「俺の百合子になァァにするつもりなンですかァァァ?、ってェのはとりあえず」ビキッ

禁書目録「そ、それを今言っちゃうのアクセラレータ」アセアセ

木原「!!!?!?!?!?!?!?て、てっめ、てめえええええええ!!!」


ガシャーーーーンパリーーーーン!!!


上条「ふぅ、なんとかやけどしたとこ冷やせてって今度は鍋ごとですのこtアアあっつああうあたうたkとmkどぉしえwmkfd!!」

御坂「とうまーーーーー!!!!」ウワァアアアアアアア!!!


木原「てmっめええええええ!!ポッタあああああぁああぁぁあ!?!?!?」

一方通行「なァンですかァ?何度もそう言って」

木原「そうじゃねぇえええええ!!!その、さっきの言葉あああああ!!俺と、あいつ、あのクソポッター腐れ外道と、はじ、初めて顔合わせたときの、う、うあ、うわああああああ!!よく、よく聞いたらテメェの、テメェの声おええええおおえおえおええええええ!!」

一方通行「はァ?声がどうし」

木原「ポッターじゃねええええかよおおおおおおおお!!!!!」ガクガクガクガク

一方通行「いやだからさっきかrもォォォォォなンなンですかあンたァァァあああ!!」ウガァァァァァアアアア!!


250 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)[sage]:2011/09/23(金) 01:02:17.32 ID:99zOfdjd0
見た目→母親似
声→父親似
ってことか

251 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県)[sage]:2011/09/23(金) 01:02:21.93 ID:Gbigt48t0
一方さん声は父親似だったのかそりゃそうか
ってか木原てんてーは今更気づいたのかよw

しかも同じ台詞とは・・・このアクセラポッター、出来る!!

252 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関東地方)[sage]:2011/09/23(金) 01:02:34.01 ID:SLD/fFit0
見事にトラウマえぐり抜いたかwww
一方さんは外見母親 中身父親って感じなんかねぇ この感じだとwww
253 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸)[sage]:2011/09/23(金) 01:08:36.25 ID:Ho65/VAAO
あ、もう一方さん声変わりしてんのね
声変わり前なら百合子ボイスだったのかな
254 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2011/09/23(金) 01:10:38.45 ID:fUBGQiBl0
百合子の声は一期一方通行だと思ってたわ

255 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/23(金) 01:11:06.70 ID:LR6UoDUX0

木原「そうだ俺と百合子はなこの学校に来る前からの知り合いで幼馴染なんて呼んでもいい間柄だったのに俺はスリザリン百合子はグリフィンになっちまってでもまぁ合同授業で一緒だったから勇気出して声かけようと近寄ったらあんのクソボケ腐れ外道のポッター野郎め俺の鼻っ面はじいて『俺の百合子になァァァにするつもりですかァァァ?この不審者くンはァ?』とか言いやがってクソが百合子がすぐ助け起こしてくれたけどよお前だってまだ百合子と知り合ってどころかむしろ嫌われてたんじゃねぇかよおおおおお!!!」

一方通行「は、はァァァああ!?ボソボソと呟いてたと思ったら急にまた叫びだしてンだよォォォ!」

木原「うわああああ喋るな穢れるううううう!!!俺の百合子像があああがががががが」ガクガクガクガク

一方通行「てめェこそ俺の百合子に近寄ンじゃねェェェェェええええ!!」

木原「ぎゃぁぁぁあああああああ!!!五年の時のだんp……ぎゃあああああああああああ!!!」ガクガクガクガク

一方通行「うっるっせェェンですけどォォォおおお!!」


上条「」ピクピク

御坂「大丈夫!?ちょっと、ちょっとーーー!?う、わ!?!?右腕以外の箇所そこら中におできがぁああ!!!」


禁書目録「あ、あの!アクセラレータ!先生!落ち着いて、いっぺん落ち着いてほしいんだよ!」


木原「うわああああああ!!俺の、俺の青春がああああああ!!!」

一方通行「どォォォせうすっくれェ青春だったンでしょォねェェェェ!!!」

木原「ひぎゃぁああああああ三年のクィディッチ決勝おおおおお!!くっそ、くっそがああああああああああ!!!」


バッ!!

キャーーーー!!

禁書目録「!?!?」

一方通行「(殴りに!?上っっっ等ォォォォ!!!反射しt」

木原「(ッッッハ!?!?ば、馬鹿かおれは百合子の顔してる相手を殴るわけに……うおおおおおお止まれ俺の右t)」

グォォォオオオ ピタッ キュイン   バッキャァァァアアアアアア!!!

一方通行「ぐっはァァッァあああああ!?!?!?」ドサッ

木原「何でだーーーーーーー!?!?!?!?!?!?!?」

禁書目録「せ、せんせーがアクセラレータを!!生徒を殴ったんだよーーーーー!!!」ウワァァァアアアアン!!!

ワーーーー!!  ボウリョクキョウシーーーー!!!  オデキカイジーン!?!?  ワァァアアアアア!!




上条「ふ、不幸、d」ガクッ

一方通行「……も、もォ、ゲフッ。もォやだ魔法界」ガクッ

259 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(千葉県)[sage]:2011/09/23(金) 01:16:04.05 ID:0kcJImExo
木原神拳健在なのか・・・しかも無意識下でwwwww

260 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県)[sage]:2011/09/23(金) 01:17:27.15 ID:Gbigt48t0
なるほど、こうやって木原神拳は出来上がったのか・・・!!

261 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/23(金) 01:19:49.47 ID:LR6UoDUX0
そんなこんなでこの物語始まって以来のカオスっぷりで今日はここまでです

いやぁ……なんでだぁはこっちの台詞だ木原スネイプてんてー
ここまでぶっ壊れるとは……いえね、最後殴っちゃうーっていう予定はありましたけどここまでは想定外です
ダメな人はダメに書きすぎてしまうの極地ですね。木原スネイプてんてーには今後とも要注意ということで

あ、ここで一つお知らせです。教師役の配役は最低でも成人してる人をーっていう話をしたのですが
一人だけ例外ということで。まぁいつ発表になるかは分かりませんが。もうちょい先ですかね

次回は、飛行訓練に入れます、かな?それか病室パートの予定です

266 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage]:2011/09/23(金) 01:44:16.00 ID:fr7MG5az0
みことがそろそろ覚醒しそうだな

267 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2011/09/23(金) 01:54:16.98 ID:FXZAKiuDO
俺はみこインをまだ諦めてないんだが
みこっちゃんが覚醒しそうでどうしたものか

297 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/24(土) 21:26:53.79 ID:9104Egf00
医務室

一方通行「ン……誰が中華麺だてめェェェ!!」ガバッ!!

上条「うーn……いいぜ!お前が自分じゃあの大学に進学が無理だって思うってんなら!まずはその幻想をぶち殺す!!」ガバッッ!!

カエル医者「うん、おきたかい?……なんだか変な電波を拾っているようだけど大丈夫かな?」

一方通行「あァ?お……おォなンだあンたか」

上条「あ、あれ?かみj、いやいやポッターさんなんだか高校教師になっていたような」アレ?

カエル医者「記憶が混乱しているね?キミたちは『魔法薬学』の授業中に色々あってここに運ばれてきたんだよ」

一方通行「『魔法薬学』……あの野郎ぶっ殺す」

カエル医者「安静にしておくんだ、顔を殴られた傷なんかはすぐに治せたけど地下牢教室の石床に叩きつけられた時に外傷性頸部症候群も引き起こしてる。まぁ簡単に言うとむちうちだね」

一方通行「……まァ自動車に追突されたレベルの衝撃ではあったがな確かにちくしょうが」

上条「な、なんだかポッターさん皮膚がかゆいですのことです先生」ボリボリ

カエル医者「我慢するしかないんだね、元通りの皮膚になりたいのなら。さて、気がついたことだしいい加減呼んでこようかな。廊下でいつまでも待たせるのも可哀想だしね」ヨイショット

一方通行「ってかなンで俺殴られたンだ一体……そしてお前はなンでそういうことになってンだミイラ男」

上条「いやポッターさんだって理不尽を味わってますよオチだからってポッターさんまでガクッに巻き込まれて釈然としないのはポッターさんの方ですよちくしょう」ボリボリ

一方通行「オチとか言うな」

298 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/24(土) 21:44:28.51 ID:9104Egf00
上条「そげぶっ!!……ダメだ、右手で掻いても消えませんこれ」ボリボリボリ

一方通行「薬でそうなったンだよなァ?もう魔法ってェか現実問題の現象だから意味ねェンだろきっと」

上条「そういやお前も思いっきり殴られてたなあの先生に。視界が腫れていく瞼で覆われる前にその瞬間が見えたような気がする」ボリボリ

一方通行「そォだ、あいつ意味不にぶち切れて殴りかかってきやがって……ンで、いつもみてェに反射しようと、したンだが」ウーン

上条「できなかった?」ボリボリ

一方通行「いや、確実に反射ははたらいてたンだが……なンだあいつマジ怖ェ」

上条「ケモナーで、言動がおかしくて、躁鬱っぽくて、ポッターさん達の名前がなんだかトラウマで、理解不能の拳持ち、確かに怖いですね」ボリボリ

一方通行「そォそォ、なァンか事ある毎に『ポッタァァァァ!?!?』とか言ってたっけか」

上条「なんだったんでしょうね……おや」


ドタドタドタドタ


一方通行「誰か来たっぽいな」

上条「まぁあのお二人でしょうね、心配かけたなぁ」ボリボリ

一方通行「いやお前の場合は今見たら余計心配する気がすンだがな」


サーーーーッ!!!




20000号「セェェェェェェエエエエエロリたぁぁああああああああん!?!?!?!?あ、ああああ、あああまたんにあつい拳で、初めてを奪われたってマジっすかああああああああぎゃあああぁぁぁぁぁあああああ!!!漏れの野望がぁああ!!!」

10033号「と、ミサカ達変態ツインズはつい先ほど夕食の席で漏れ聞いた瞬間に飛び出してなにやら医務室前にたむろっていた先生とおねぇさまと小さい子を押しのけてセロリたんのベットのカーテンを引き裂く勢いで広げます踏んでください!!!」


上条「……」ボリボリ

一方通行「……空気読めよお前ら」

299 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/24(土) 22:04:42.56 ID:9104Egf00
カエル医者「お二人は監督生が責任持って連れ戻してくれたんだね?」

番外個体「こっの、バカ、ども」ズリズリズリ

20000号「はなっせぇぇぇええええ!!!漏れはセロリたんの貞操を確かめる義務があるらああああ!!」

10033号「そうですそうなのですミサカ達は彼の所有物ですんで所有者の貞操をををををををををを!!」

番外個体「いいっから、あんたたちはローラせんせーの夕食のスープに梅干し入れた罰を、おとなしく受けて来い!!」ズリズリズリ



禁書目録「目が覚めてよかったんだよぉおおお!とうま!アクセラレータぁぁあ!」

御坂「ごめんね、ごめんねぇえええ!!」

黄泉川「お前らせっかく泣き止んだのになんでまた泣いちゃうじゃんよー」モーーー

一方通行「……はァ?」

上条「あ、あのなんでお二人は……?」

黄泉川「いやなんか、インデックスはすぐ隣にいたのに先生を止められなかったとかアクセラレータを落ち着かせてあげられなかったとか、御坂は自分の作った薬が中途半端な状態だったせいで上条がそんなんなったとかなんとか……びびったじゃんよ、四時限目の途中の時間なのにこの二人が泣きながら小屋に来たときは。桔梗は思わずコーヒーこぼしてたし」

上条「校長先生またいたんですか」ボリボリ


300 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/24(土) 22:22:41.20 ID:9104Egf00
一方通行「ってか別にお前のせいじゃねェし、全面的にあの頭のネジが五千本くれェぶっ飛ンでる野郎のせいだろこれは」

禁書目録「だっで、だってぇ……」グズッ  クーーーーーーー

一方通行「……ンだァ?この音が鳴るってこたァ、お前まだ飯も食ってねェのか?」

禁書目録「た、食べられるはずないんだよ二人がこんなだっていうのに!黄泉川の岩クッキーは食べたけどね!!」クーーーーーーー

黄泉川「え、あ、あれスコーンなんだけどじゃん」ガーン

一方通行「……アホくせェ。勝手に責任感じて勝手に泣いて勝手に断食かよ。断食は完璧には出来てねェけどよォ。お前どこのシスターだばァか、どンだけ偽善者ですかァ?」

禁書目録「っ」ウルウルウル     クーーーーー

上条「ちょ、ちょい待てお前酷すぎるぞそげるぞお前」ビキッ

御坂「そ、ぞうよぉお!!あんたねえええ!!この子がどんだけ!!」グスグズッ  ビリビリビリッ!!

一方通行「……ほれ」

ドサッ

禁書目録「??あ、ちょ、チョコ……?たくさんあるんだよ……なんで?」

一方通行「……後で、って約束してたろ授業ン時。待てが出来たご褒美だ、やンよ……待たせすぎた侘びだ、取っとけ」プイッ

禁書目録「!……うん!!わーーーい!なんだよ!!」カプッ!! モキュモキュモキュモキュ

一方通行「……」




上条「……でもやっぱりそげっときたい空気ですね」ニヨニヨ ボリボリ

御坂「何枚もってたのよあいつ」ハハハハハ

黄泉川「私のスコーンは腹の足しにも……?っくぅ、炊飯器がねぇせいじゃんよー」クソゥ

一方通行「そこうるっせェ。炊飯器は仕方ねェだろ諦めろ」

禁書目録「モキュモキュとってもモキュモキュ美味しいンキュッ。かも!ありがと!」ニイッ

一方通行「そりゃ餌付け係として光栄ですゥ」ケッ


301 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/24(土) 22:44:10.81 ID:9104Egf00
一方通行「授業はあれからどうなったよ」

御坂「あー、誰かが呼んだんだけどあのメガネ管理人?が来てね?」

禁書目録「モキュモキュ凄かったんだよモキュモキュ音も無くモキュモキュあのンキュッ。先生に近づいて、首をゴシャッって。完全に伸びてたかも」

御坂「それで、パニックになってる生徒を寮に戻らせて……私達はあんたたち運ぶのに付き添ってたけど」

禁書目録「モキュモキュ私とみことはモキュモキュ取り乱しすぎてたからモキュモキュ病室に入っちゃダメってンキュッ。言われたから」

御坂「なんかいく当てもないし寮に戻りたくなかったしで、黄泉川さんとこに」

黄泉川「……詳しく聞いてないんだけど、何がどうなって木原の奴はお前を殴っちまったじゃん?耳を疑ったじゃんよあいつがそんなことするなんて……ってか殺してやろうかと思った。何考えてんじゃん百合子の顔してるのに手上げるとか万死どころじゃねーじゃん死ねよあいつ」ブツブツブツ

上条「あ、あの黄泉川さん?」

一方通行「いや、なァンか俺の声が、どうとかよォ」

黄泉川「声……?……じゃ、じゃん!?!?!?」ガタガタッ

一方通行「じゃんが感嘆詞なのかあンた」

黄泉川「あ、あの。アクセラレータ。ちょっと……『愛穂ォ!アラゴグンとこ行かねェェ!?』って言ってみて欲しいじゃんよ」ドキドキ

一方通行「は、はァ。……愛穂ォ」

黄泉川「……分かった、大丈夫、大丈夫じゃん、もういいじゃん。やっべ、抱きしめたい、やっばい、これやばい」フルフルフル

一方通行「ンだよ、震えてンぞ大丈夫か」

黄泉川「うぉおぉぉおおお桔梗め『愛穂(ハート)』はこれも含めてかあいつぅううう気づいたらもうそうとしか聞こえないじゃんよおおおお」

上条「……アクセラレータさんの声はなんですか、劇薬かなにかですかそげっときますか」

一方通行「やめろ……なンだよ喉元殴るのかそれ」

302 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/24(土) 22:59:55.00 ID:9104Egf00
黄泉川「よし、落ち着いた。なるほどなぁあいつが取り乱しまくるのも分かるじゃん。あいつは嫌ってたからなーほんと」ハハー

一方通行「そのしたり顔むかつくンですけど。なンなンだよ教えろよ」

黄泉川「うーん、私の判断じゃダメ、なんじゃん。ごめんな。でもまー、お前達以外は分かってると思うから話的にはそれd」

一方通行「どォいうことだよ俺らが分かってなくていいってか俺ら以外ってなンだ誰だ誰たちだそれ」

上条「まーまー細かいことはいいじゃないですかアクセラレータさん、お互い明日には完治できるそうですし」

御坂「というかツッコミそこねてたけどあんた凄い格好ね……ミイラみたい」

禁書目録「モキュモキュまんまモキュモキュなんだよンキュッ。アクセラレータもコルセットはめてるし、もうここ入ってきて二人を見た時そりゃぁまた泣きたくなるってもんかも!なのにケロッとしてるしね!」モー! ニコニコ

一方通行「コルセット邪魔だ……首になンか着けるってのがそもそもな」

上条「え、あれ、お前チョーカーとか着けてませんでしたっけ首に」アレ?

一方通行「電波拾うなミイラ野郎」

黄泉川「あー、疲れたじゃんよーもー。泣いてる子見るのって苦手じゃん……まだ面会時間はあるしここでゆっくりするじゃん?私夕刊読み終わってないからここで読んでおこう」ヒョイッ バサッ

禁書目録「『預言者新聞』の夕刊だね!魔法界でナンバーワンのシェアを誇る新聞社なんだよ」

御坂「日刊の方を毎朝ふくろうで届けてもらってる生徒も結構いるみたいよ」

一方通行「説明どォも」

上条「さっすがですお二人とも……あ、一面……『グリンゴッツ銀行、侵入される……』?」

黄泉川「あっ!?」

禁書目録「え、えぇぇえ!?!?あのグリンゴッツが!?」

御坂「しかも私達が丁度入学した日、みたいね」

黄泉川「っあぁぁ、桔梗め出るときに夕刊もたせたのはこういうことだったじゃんねくそぅ」

303 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/24(土) 23:13:02.14 ID:9104Egf00
一方通行「そンな騒ぐことなのか」

御坂「そりゃ、グリンゴッツの金庫を破るなんてとんでもないことだしね。前代未聞、多分あの名前を呼んではいけない例のアレイスターが全盛期の時だってそんなことは起こらなかったわ」

禁書目録「よ、よみかわ!1面だけ借りていい!?もっとよく読みたいんだよ!」

黄泉川「あー、構わないじゃん」ハイッ

上条「ほんとですね、ポッターさんたちが入学した日……『金庫の中身は詳しくは説明できないし詮索しないほうが身のため――そもそも金庫は侵入されたその日、すでに預け主の代理が空にした後だった』……あ、あれ?これってあの、黄泉川さん?」

黄泉川「さ、さささっさぁああなんのこーとじゃーーーん!?」

一方通行「まァその反応で確信なンすけどね。何に気づいたンだ?」

上条「いやね、ポッターさんがポッターさんの両親が魔法界から隠れる前に溜めていた金庫からお金を下ろそうとする前に、黄泉川さんととあるなんだか厳重な金庫によりまして……それで、たしか黄泉川さんは校長先生に頼まれた用事でその中にあった、何かを持って……」

黄泉川「あ、ああぁああああれは違うじゃんあれはそう桔梗のあのなんだろう、黒歴史が綴られたノートなんじゃんじゃん!」ダラダラダラ

御坂「いやそんなん焼き払えばいいだけでしょうよそんな」

禁書目録「なんなのかな……?すっごく貴重な品とか?」

黄泉川「いやあの、と、とにかくお前達にはなんの関係もないじゃんよー!!あれは、桔梗とニコラス・フラメルの……じゃ、じゃあああああん!!」

上条「!ニコラス・フラメルって人が関係していますのことですね!?!?」

御坂「!よーし!それじゃあ明日からみんなでその人の事調べるわよーーー!!」

黄泉川「あぁああ!!やっちまったじゃんごめん桔梗おおおお!!」ウワァァァァァン!!

禁書目録「……」

一方通行「アホくさ、どォでもいいってのンなもン……どォした?食うの止めて」

禁書目録「うん……あー」

一方通行「ンだよ、まだ足りないのかったく……最後な」ガポッ

禁書目録「ち、ちがっ!わーい!」モキュモキュ





禁書目録「(賢者の石……なのかな?)」モキュモキュモキュモキュ

一方通行「良い食べっぷりで」カカカ

304 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西・北陸)[sage]:2011/09/24(土) 23:16:06.41 ID:27w1tjlAO
気付くの早いww

305 :鹿児島くン ◆q96FT5l1ZULn[saga]:2011/09/24(土) 23:17:54.96 ID:9104Egf00
そんなこんなで本日はここまでです

ニコラス・フラメルの名前が出るのはもうちょっと先ですし賢者の石の件はもっともっと先なのですがここで判明です

多分インちゃんさんなら速攻で分かっちゃうでしょうから、どうせなら前倒しにしようかなーと

これでようやく、アクセラポッターと賢者の石って感じです2スレ目300オーバーにしてなんという……タイトルに入れなくてよかったですマジで

306 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北陸地方)[sage]:2011/09/24(土) 23:22:46.72 ID:sjxolLbAO

インデックスが可愛いすぎて生きるのが辛い
そして一方さんとインさんマジいいコンビ


一方通行「ホグワーツ魔法・魔術学校……ふざけてンのか!!」2-2




posted by JOY at 23:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 禁書クロスSS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
木wwww原wwwww
Posted by at 2012年05月05日 19:08
フレさんとンダさんは

フレメアのフレと
フレンダさんのンダだよね

うん、きっとそうだ
そういうことにしておこう
Posted by at 2012年09月23日 20:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。