2012年10月25日

打ち止め「失恋でもしたの?」一方通行「……かもな」〜外付けHD〜1

1 :不器用な人たち [saga]:2012/04/02(月) 23:53:42.43 ID:kSp3zOv30


男はただ少女が側に居てくれればそれで良かった。

少女は男の隣に立つに相応しい自分になりたかった。

男は少女が幸せであれば他の何を敵に回そうとも構わなかった。

女は少女と男が笑い合う未来を見られればそれでいいと思っていた。



それぞれが小さな小さな願いを胸に抱きながら、それを叶え様としていただけなのに、どうしてこうなってしまうのだろうか。
神というものがいるのだとすれば、それは余程意地が悪いのだろうか。
それとも幸福を迎えるための試練なのであろうか。



そンな訳ねェだろうとある男は吐き捨てる。



続きを読む
posted by JOY at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 禁書SS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

打ち止め「失恋でもしたの?」一方通行「……かもな」5

868 :滾る上条。マイペースな一方通行。 [saga]:2012/03/19(月) 00:13:24.85 ID:imzUfJVo0

男達は行く、自らの信念を貫き通す為に。

男達は行く、己に課した誓約に殉じる為に。

男達は行く、譲れないものがあるが故に。



上条当麻は行く、借りを返す為に。

「待ってろよインデックス……」




一方通行は行く、取り戻す為に、

「特急券二枚お願いします。禁煙席で、ええ、そうです」




男二人、自分の信じた道を突き進む為に、西へと向かう。



続きを読む
posted by JOY at 00:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 禁書SS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

打ち止め「失恋でもしたの?」一方通行「……かもな」4

684 :白鳥襲来 [saga]:2012/02/24(金) 10:32:47.97 ID:63nGkK2F0



「随分と無様に負けたそうじゃないか」



嘲笑だとか侮蔑といった陰湿さを匂わせることも無く実に楽しそうに笑う『明け色の陽射し』のボスに俺はすぐには答えることができなかった。
それが事実だったからという事も勿論だが、何かを言い返そうとする気力が今の俺には無い。
以前に会った頃よりも少し背が伸びてはいるがそれでも小柄な金髪の少女、レイヴィニア=バードウェイは傲岸不遜に鼻を鳴らせるとベッドの側の椅子に腰掛ける。
黒タイツに強調されたしなやかな足を優雅に組む様は何も喋らなければ気品のあるどこぞのお嬢様にしか見えない。


「そうわかり易い負け犬面をするなよ甚振りたくなるじゃないか。禁書目録に去られたことにそんなにも打ちのめされたのか?妻に逃げられた駄目亭主の姿を見ているみたいだ」

「傷心中だってことまでわかってるんだったら、そっとしておいてくれると嬉しいんだけどな」

「何だつまらないな。私が来たことにもっと驚いてくれても良さそうなのに。先程廊下で会った御坂美琴や浜面仕上など嬉しくなるくらいに驚いていたぞ」



その大声でお前の襲撃を知ったんだけどな。
というか、寧ろ上条さん的にはお前が病院の受付で病室を確認して来るっていう真っ当な手順を踏んだ事にびっくりしたよ。


「いつもいつも魔術でインパクトのある登場を期待されてもな。アレはアレでそれなりの下準備と元手が掛かっているんだ。冥土帰しの懐で迂闊なマネもしたくはないしな」

「それで?どうしてお前が此処にいるんだよ」

「連れないじゃないか。戦友を見舞うという理由では納得できないか?」

「納得するような事をお前がしてきたのかを問いてーよ俺は。嫌な予感しかしないけどな」



当然出来る筈が無いだろう。そもそもコイツの中に戦友という概念がある事さえ俺には正直疑わしい。
ハワイで受けた手痛い裏切りの味を忘れたわけじゃない。
俺の疑惑の目を愉快そうに受け止めると、少しも後ろめたい事もないように口角を吊り上げて笑う。
美人がそういう顔をすると何というか様になり過ぎて怖いというか、少し成長したせいか以前よりしっくり堂に入っている。


「ふふん、安心したぞ。嗅覚はそれなりにまだ働くようだ。平和ボケして使い物にならなくなっていたらどうしようかと心配だったんだが……酷い林檎だな。甘味がまるで足りていない」


見舞いの品の林檎を勝手に齧るとバードウェイは顔を顰めた。
ちなみにその林檎は甘すぎて中々手が出ないで世話をしてくれる御坂妹達のおやつと化しているのだが、コイツは一体普段どんなフルーツを食べてるんだ。






「手短に用件を言うぞ。禁書目録を回収しろ上条当麻」




続きを読む
posted by JOY at 00:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 禁書SS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。